富士 商事 株式 会社。 会社案内

株式 会社 商事 富士

外壁塗装工事の工法として、大きく分けると吹付け工法(主に新築の際に使用)、ローラー工法(主にリフォームの際に使用)、特殊工法に分けられます。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 屋上面では防水層が雨水の浸入を防いでいます。

14
施工図に従って鉄筋を加工、建築現場で組み立てや接合をする「配筋」の後、最終検査をして完成です。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。
株式 会社 商事 富士

インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。

1
石材の表面仕上には様々な方法があり、ツヤ、色調、凹凸感などの組合せにより様々な表情に変化し、その石材固有の特徴を引き出す事も可能です。 フロアを仕切って有効にスペースを活用できるパーテーションの種類と設置工事を説明しています。
株式 会社 商事 富士

まずは点検を行い、交換の必要があるかどうかを確認することが重要です。

8
鉄筋工事ではまず、設計図から必要な鉄筋の量を割り出し、埋め込む場所などを指示する施工図を作ります。 左官工事に使うモルタル、土壁、珪藻土、漆喰は、粘土のように柔らかいので好きなデザインに造形ができます。
株式 会社 商事 富士

金属系サイディングボードは施工性の高い壁材・屋根材です。 安全性を向上させるため、建物の窓ガラスを台風や地震に強くして、万が一割れた時にガラスの飛散や脱落を防ぐための施工を紹介します。 一部の屋根材を除いてほとんどの屋根材が施工可能です。

7
外壁施工に使われるALCパネルは、サイディングボードのように工場で成型されるため、品質が高いレベルで均一になっています。 棟板金工事は、スレート屋根の接合部分を覆う金属板を取り付ける工事のことです。
株式 会社 商事 富士

増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 その種類によって様々な性質や特徴を持っていて、その特徴を活かす事で重厚感のある建築資材として利用する事が出来ます。 下地処理をきちんとしないと、短期間で塗装が剥げる場合もあります。

6
減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。
株式 会社 商事 富士

空調経路を確保するための配管やダクトを板金加工して、取り付け工事を行います。 屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。

9
昔からある木造建築工法の一つで、今でもその技術が引き継がれている木造軸組工法(在来工法)と、耐震性、気密性に定評のある木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)について、それぞれの特徴を説明しています。 水門設置工事は、河川などに水門を取り付ける鋼構造物工事のことです。