リップ シュタット 戦役。 リップシュタット戦役とは (リップシュタットセンエキとは) [単語記事]

シュタット 戦役 リップ

駐留艦隊司令官はヴァルテンベルク大将。 ガイエスブルグ要塞までの間にある、敵の最大拠点『レンテンベルク要塞』の攻略は、ロイエンタールに任されます。

同盟軍はこの数と地の利を使ってダゴン星域会戦と同じ包囲殲滅戦を企図したが、逆にラインハルトの各個撃破の好餌となった(藤崎版コミックスでは更に設定が掘り下げられ、同盟軍はの意向によって「第2、第4、第6艦隊にそれぞれ戦果を競わせ、最大の功を挙げた者を重用する」という約定が3人の司令官に伝えられていた。 OVA版においては、戦役中に辺境地域の平定を担当していたキルヒアイスに、自らの担当地域を平定して中将待遇で合流したことになっている(加えて外伝を踏まえてキルヒアイスと再会を喜ぶ描写がある)。
シュタット 戦役 リップ

-- 名無しさん 2016-03-25 15:22:52• で結果的には皇帝はとっととすぐ死んじゃって自分だけあんなことに…まぁ、そのドンマイとしか言えない。 しかし、人類の唯一の政体を自認する銀河帝国は対等な国家の存在を認めず、彼らを「辺境の叛徒」と称し、皇帝の威光に纏ろわぬ反逆者として、征服・討伐の対象と見做した。 ラインハルトの副官であったため提督としての役割は担っていなかったが、帝国の主要提督たちとの仲は良好だった。

7
リップシュタット戦役ではアルテナ星域において自ら軍を率いて戦ったが軍歴の乏しい貴族たちを統率することが出来ず、かつての教え子だったミッターマイヤーに完敗を喫した。
シュタット 戦役 リップ

オーベルシュタインの進言 核兵器による惑星攻撃を阻止しよとしたラインハルトに対しオーベルシュタインは「ブラウンシュヴァイク公が自らの領地に核攻撃を行えば民心を失い、戦争の終結が早まることになる」として攻撃を阻止しないように進言した。 だが黒マントの男は剣による再戦を要求。

18
この件で貴族に対して絶望したコンラート・リンザーは迫りくるキルヒアイスの艦隊に降伏し、その後ガルミッシュ要塞に逃げ込んだリッテンハイム候の兵士たちに降伏勧告を行いたいと申し出た。
シュタット 戦役 リップ

作中では戦いの経過詳細は記されていない。 の名手として反動のある旧式の火薬式銃に不慣れな当時のラインハルトにアドバイスを行う役として登場する。 正確な日時は不明(時系列上は西暦2701年から2703年の間)。

11
については、で統帥本部がの施設を持っていることを明確に示す記述は思い当たりません。
シュタット 戦役 リップ

ハーメルンIIは左舷下部に被弾し艦長のアデナウアー少佐が負傷。 新帝国首都がフェザーンに遷都されるに伴い司令官職は帝都防衛司令官のケスラーに移り無任所となる。

11
これに対し当初は攻撃を阻止しようとしていたラインハルトだったが、オーベルシュタインの進言により明確な阻止命令を出さなかった。
シュタット 戦役 リップ

その背後には?、ブラウンシュヴァイク公により、メルカッツの妻子が捕らえられています。 反グの最とみなされていた上級が背信の咎で処刑されたことは、討伐軍の思惑通り連合内に大きな動揺をもたらすこととなった。

15
ユリウス一世の暗殺 [ ] 帝国暦144年、ゴールデンバウム王朝初の皇帝暗殺が起きた。 同盟はヤンが不在ということをばれないように戦ってたからね。