カメラ 文字 認識。 Raspberry piで超簡単!物体認識カメラ

文字 認識 カメラ

そのデータは共有したり他のPDFアプリなどで開くことも可能です。 ひとまず、pyocrのに貼っているコードをコピペします。

16
・食品容器の賞味期限判定 など 部品・製品には、管理のために賞味期限や製品番号などが付与されていますが、正確に読み取り、判別・判定し、蓄積・管理できなれば意味がありません。
文字 認識 カメラ

パソコンやスマホを使っていると、ネット上には2つの文字があることに気づきます。 プッシュ回数に応じて、機能を変えるカメラにする これまで追加した画像解析を、カメラのボタンを押した回数に応じて、切り替えるようにします。 文字認識APIを使って、文字を読み取る 更に追加で、画像中に文字がある場合に、それを抜き出す文字認識APIを使っていきます。

15
かなり未来のカメラのようになって、面白く使えるのではないでしょうか? では次回は、このカメラに耳も付けて、人の話を聞くことが出来るようにします。 ただ、ファイルの削除がわざわざファイルを開かないとできないので、リスト化されているページでスワイプ等でできると嬉しいです。
文字 認識 カメラ

斜めから撮影しても正対したような画像になります。

7
詳しくはこちらのURLの「OPTIONS」の「—psm N」を見てください。 自炊した本のテキストを抽出 紙の本を裁断してスキャンする「自炊」ですが、作成したPDFから文章を抽出しておけば、より利便性が高まります。
文字 認識 カメラ

ラズパイにメール関連のライブラリを導入し、メッセージと画像をGmailで送れるような機能をつけていきます。

7
ちゃんと日本語にも対応してくれています。 注意点としては、文字認識の精度が格段に向上したとはいえ、原本と読み合わせは欠かせません。
文字 認識 カメラ

スキャンしたものはPDFのデータとして保存されます。 保存されたファイルはテキスト別、スキャン画像別にそれぞれ保存されるので管理がしやすいです。 誰でも使うことができます。

10
特にスマホにはカメラ機能がついていて手軽に写真を何枚でも撮れるので実用性も高いのが特徴です。
文字 認識 カメラ

以前はPC版だけで提供されていたのですが、いつの間にかスマホアプリも対応していました。 まずはにアクセスしてログイン。

00 September 15, 2017 」と書かれたところを見てください。