エクアドル 国旗。 世界の国旗 南米

国旗 エクアドル

縦横比 2:3 に3等分され、上から赤、黄色、緑の配色で、中央の黄色の帯の中央には国章が配されています。 尚、首都のキト、が赤道直下にあるのでこうなりました。 2018年8月5日閲覧。

1
。 世界シェアは低いもののの生産量は566万トンに達し、単一の作物としてはバナナに次ぐ。
国旗 エクアドル

2013年にギアヤキルで日本人夫婦がタクシー強盗に遭い旦那さんが胸を打たれて亡くなる事件が起きています。 に政策に訴えたが労働者からの圧倒的な支持を得て大統領に就任した。

8
オクシデンタル山脈には、エクアドル最高峰チンボラソ火山(6,268m)があり、オリエンタル山脈は、コトパクシ山(5,897m)、アンティサナ(5,704m)、カヤンベ(5,790m)などがある。
国旗 エクアドル

当時、コロンビアもベネズエラもスペインの植民地でした。 火山と川は地域の美しさと富を象徴しています。

15
中央に意匠が入っている国旗の中ではやや珍しい比率を採用していました。
国旗 エクアドル

国章 楕円形の盾の上にはエクアドルの権力と偉大さを象徴するコンドル、盾の中にはエクアドルで最も高い山であるチンボラソ山とグアヤス川と蒸気船(船の名前もグアヤス)、盾の上部の帯に配置された自由を表す金色の太陽と、それを取り囲む占星術の牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座はフアン・ホセ・フローレス将軍が失脚した1845年の3月革命が行われた3月から7月の間を意味している。 シエラではやを主食とし、、などを飼い、ミルクを売ったり食べたりして生活している。

18
日本でも作ることができるので、ぜひ作ってみてはいかがでしょう。
国旗 エクアドル

その一方でスペイン系のが社会の寡頭支配層となり、(混血者)や、故郷の土地を離れて流浪するインディオなどの境界的な階層も出現するようになった。 2018年9月には経済破綻状態のベネズエラから近隣の南米諸国に流出する難民対策の国際会議を提唱。

17
太陽は自由の象徴です。
国旗 エクアドル

中央の黄道を表す白い帯には緑色で「秩序と進歩」という標語がポルトガル語で記されています。

、政府は北西部地域に住む農家約1850世帯に対して、合計1万2,000ヘクタールの未使用地の所有権を譲り渡した。 縦横比 2:3 下に2等分され、上が白、舌が赤という配色で、白い帯の左端には白い帯と同じ幅の正方形の青い枠があり、その中心には進歩と名誉を象徴する大きな白い星が一つ配されています。
国旗 エクアドル

エクアドル政府は石油が貴重な外貨獲得源であると考えており、を規制し、地形を生かしたに投資している。 前後しますが、1821年からはグラン・コロンビア旗となります。 1900年11月7日議会により制定(Palacio Nacional, en Quito, a 7 de noviembre de 1900) エクアドル国章および国旗に関する政令。

2016年5月23日閲覧。