薔薇 の ない 花屋 しずく。 最終話「薔薇を売る花屋~涙の一滴(しずく)」感想

しずく ない 薔薇 の 花屋

君のお母さんが君の事を無事に生んでくれればと、 励まし続けてきた。 そんな二人が、今の中学に潜むリアルな問題の数々を人間と幽霊の垣根を越えたコンビが解決していくハートフル・ラブコメディである。

8
女優の 八木優希さん、かつて月9ドラマ『薔薇のない部屋』で 香取慎吾さんの娘役「雫(しずく)」を演じて子役として有名になりました。 「薔薇の花 始めました」 美桜が手がかりも残さずいなくなってから1年。
しずく ない 薔薇 の 花屋

ストーリー [ ] 汐見英治は彼女の死後、彼女の忘れ形見の雫と8年間共に過ごしていた。 そうだよなぁ。

手技は非常に高く評価されてるが、生意気で手術の際には集中力を高めるためにロック音楽をかけながら執刀するため、柊友会総合病院の医師からはうざったく思われる一面もある。 釣りではない模様。
しずく ない 薔薇 の 花屋

最後まで意味が分からんじゃねぇか! 私が理解力がないだけか!? エンディングの画も、どうラストと関係があるのよ!? と思ったら、画が違うし!! わースッキリしねー。

6
ただこの2作と違うのは、謎や仕掛けがあったことです。
しずく ない 薔薇 の 花屋

英治は、今夜は自分の家に泊まるよう誘うのだが、ふとした言葉で美桜を怒らせてしまう。
しずく ない 薔薇 の 花屋

小野が、美桜を誘って飲んで盛り上がっていた。

「雫をよろしくお願いします」 アカデミーの推薦状を舜に渡す院長。 退院後は平川バラ園を営んでいる。
しずく ない 薔薇 の 花屋

汐見英治(香取慎吾)を、自分に子供がいる事を知った神山舜(玉山鉄二)が訪ねてくる。 英治が店に帰ると、雫と美桜が出迎えた。

15
十分愛されて育ったから。 英治は繋がりが切れるのを恐れていたけど、雫の父ちゃんへの愛情や親しみは何も変わらなかった。
しずく ない 薔薇 の 花屋

雫と英治の会う日。 主人公、神山暁(香取慎吾)は超霊感体質の中学校教師。 父の状況を察した白戸美桜(竹内結子)は、英治に電話をして助けて欲しいと叫ぶ。

18
英治のとった行動とは。