勤務 社労士。 社労士の年収事情。年齢や働き方別の年収を詳しく解説

社労士 勤務

3号業務は業務に付随するレベルで良いのか、それとも専門的なコンサルティングまで扱っているのか、その違いです。 そんな時は、後日改めて別の方に聞くようにしています。

(私にとって、ですが・・・)• 社会保険労務士の資格を取得して社労士会に登録する際に、勤務社労士になるのか開業社労士の道を辿るのか選択する形となるのです。
社労士 勤務

求人に関しては、一般企業であれば人事部や総務部などですが、コンサルティング会社の場合は法務部での雇入れもあるようです。

この内、 事務指定講習の修了には約7万円が必要になり、加えて講習時に必要になる交通費や宿泊費も上乗せされるのも念頭に入れておかなければなりません。 残業代について詳しく説明して感謝してもらえた• 一般企業の人事部や総務部、コンサルティング会社などで働く 「試験に合格すれば社会保険労務士として働ける」とイメージしている方は少なくありません。
社労士 勤務

では実際に、勤務社労士は実際にどの様なメリットがあり、またどの様なデメリットが考えられるのでしょうか。

7
社労士試験(社会保険労務士試験)では様々な法令が試験科目になっていますが、そのうちの一つである労働安全衛生法は、事業場の安全衛生管理体制や健康診断など[…]• Contents• 役員で社会保険労務士登録をしている場合は、書類の作成には携わらないことも。 結局、勤務先を登録していません。
社労士 勤務

毎週のものもあれば、月一のもの、催事会的な大人数の年に数回の大規模相談会もあります。

10
さらに、企業経営にまつわる諸問題は、企業労務(有給休暇、セクハラ、パワハラなど)の領域も関わってきます。
社労士 勤務

取りあえず、顧客を獲得することで、ほかの仕事を得る可能性も広がります。 さらに、現役時代の人脈を利用して細々と社労士事務所の看板も掲げていらっしゃいました。

18
また、社労士資格を持っていると、 資格手当として給与に月1万円~月3万円ほど上乗せされる会社もあります。 1号・2号業務 1号、2号業務とは主に以下の業務内容を言います。
社労士 勤務

(4)ITに強くなる 「足で稼ぐ」という言葉がありますが、ご多聞に漏れずひと昔前の社労士も営業活動や顧客対応は、実際に現場に行くことがある意味、正義とされていました。 では、給与が良い会社というのはどういう会社かというと、 「儲かっている会社」=「生産性が高い」会社です。 働き方改革を追い風に、今、病院の労務管理に特化した社労士の活躍が期待されています• このように、社労士資格を活かした転職には、上記3つの転職先があります。

19
また、社労士のやりがいとして、以下があります。
社労士 勤務

そのため、勤務社労士が自ら外部の方を対象として労働・社会保険関係の書類作成や手続代行業務を行うことができないことはもちろんですが、無資格者でも行うことができる 労働相談・指導等の業務を社労士事務所や社会保険労務士法人以外の一般の事業所等の勤務社労士が外部の方を対象として行う場合は、「社会保険労務士(社労士)」と称して業務を行うことはできないということになります。 このうち1号業務と2号業務が 独占業務であり、その内容は以下のとおりです。 社労士試験の知識を実社会で活かせる• 社会保険労務士は労働法に精通しているため、経営幹部からの信頼を得られたり仕事内容の幅が広がったりと優れた人材にステップアップできるわけです。

その点、一般企業の勤務社労士は、ある程度決まった業務が多いため、幅広い経験は積めないかもしれません。 2019年(令和元年)8月25日におこなわれた、第51回の社会保険労務士試験。
社労士 勤務

他の優秀なコンサルタントと競って、企業から信頼を勝ち取る必要がありますので。 ですので、合格レベルに達するまでに3年も4年も勉強しなければならない、というような試験ではないことがわかります。 勤務社労士の年収はどのくらいが期待できる? 筆者も過去に社労士の求人を転職エージェントで探したことがあります。

もちろん、これには、個人差があるでしょうし、大学の法学部で法律を学んだ方や、社労士事務所や企業の総務部である程度の知識を有している方は、これよりも短い勉強時間で合格できる場合もあるでしょう。
社労士 勤務

転職時、資格を隠すか悩む まだ、私は転職を経験したことはないですが、まわりの話を聞いているとそんな悩みもちらほら。 企業と顧問契約を結ぶには、契約を得るための営業力、人事や労務に関する提案力、さらに自己の価値を高めるブランディング力が重要です。

16
つまり、 社労士試験は合格率が低いとはいっても、必要な勉強時間を確保して、基本的な知識を習得できていさえすれば、合格することが司法試験や公認会計士ほど困難な試験というわけではないのです。 また、官公庁の手続きはほぼ電子申請が導入されているため、これを活用することで頻繁にハローワークに行く必要もなくなってきています。