アムロジピン 作用。 【医師監修】血圧を下げる薬、アムロジピン®︎の特徴は?

作用 アムロジピン

内科以外の先生でも処方されているケースが多い印象です。 なお、やなどの非ジヒドロピリジン系と異なり、心拍数低下作用や房室結節での伝導抑制作用は弱く、やPSVT()などの頻脈性不整脈には無効である。

20
CYP3A4阻害剤 エリスロマイシン ジルチアゼム リトナビル イトラコナゾール 等 エリスロマイシン及びジルチアゼムとの併用により、本剤の血中濃度が上昇したとの報告がある。
作用 アムロジピン

・際立った副作用が少ない点が第一、ある程度降圧効果の予測ができて確実性があるので使いやすい。

カルシウム拮抗薬は脳や心臓、腎臓などの血液循環まで改善することができます。 市販医薬品 現在、似たような医薬品、健康食品は発売されていません。
作用 アムロジピン

アムロジピンはカルシウム拮抗薬に属します。

8
効き、安定した血圧を保っていて、安心と、薬のある種コワさも感じてます。
作用 アムロジピン

効果が不十分な場合は1日10mgまで増量することが可能です。 医師の指示を必ずお守りください。

15
。 血小板減少、白血球減少• 4).消化器:(頻度不明)心窩部痛、便秘、嘔気・嘔吐、口渇、消化不良、下痢・軟便、排便回数増加、口内炎、腹部膨満、胃腸炎、膵炎。
作用 アムロジピン

Laine K. 副作用 [ ] 異常やなど一般的にみられる副作用のほかに、アムロジピンなどの系特有のものとしては、血管拡張に伴う、(顔面の血管拡張に伴い顔が赤みがかって見える)、下肢のや歯肉肥厚などがある。

11
桑島巌ほか, 老年医学, 29 6 , 899-902, 1991• これ以外にも、手足、目の網膜、腎臓、脳など、身体全体の血流を改善するため、様々な病気に応用される場合があります。
作用 アムロジピン

本態性高血圧症では、生活習慣の見直しも大切。

アムロジピンベシル酸塩は、血管壁の細胞内への、カルシウムイオンの流入を抑制し、末梢血管や冠血管などの平滑筋を弛緩させ、結果として血圧を下げる作用があります。
作用 アムロジピン

加藤和三ほか, 臨床評価, 19 3 , 355-378, 1991• ・降圧作用のある薬剤(降圧剤、硝酸剤など) ・麻酔薬、筋弛緩薬、トリアゾラム、ミタゾラム ・シロスタゾール、酒石酸ビノレルビン(抗悪性腫瘍薬) グレープフルーツジュースは、本剤の血中濃度が上昇する場合があるため、飲まない様にしてください。

7
半減期もカルシウム拮抗薬の中で最長であるアムロジピンは、ゆっくり長く効くため反動が生じることが少なく、特に副作用は生じにくいと言えるでしょう。 アムロジン錠が分類されるCa拮抗薬はグレープフルーツによる相互作用を受け 薬によって下記のような違いがありますので注意が必要です。
作用 アムロジピン

そこでは、アムロジンではなく、ジェネリックのアムロジピンを処方されています。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。 ノルバスク()• それでも降圧し過ぎるならジルチアゼムでしょうか。

降圧作用を有する薬剤 降圧作用が増強されるおそれがある。