川口 浩 探検 隊 シリーズ。 川口浩 (俳優)

シリーズ 探検 川口 浩 隊

58歳没。 入居者として1960年代には・・・親子、1970年代に差し掛かる頃には・、1980年代には、また(昭和47年)より・夫妻が住んでいた。

15
当シリーズは放送終了後も根強い人気を誇っており、パロディ・オマージュ作品が多数制作されているほか、2002年以降には『スイスペ! 便宜上、この番組も川口浩探検シリーズとして取り扱う。 正式タイトルは「水曜スペシャル 川口浩探検シリーズ」。
シリーズ 探検 川口 浩 隊

骨だけのはずのピラニアが隊長の指に噛みついた!ここぞとばかりに大アップになる血みどろの手! スタッフ騒然!現場は大パニックに!( 一番盛り上がるトコ) 苦悶の表情を浮かべる川口隊長。

19
関連項目 [ ]• 「」 1983年(昭和58年)1月19日放送 22. 人食い魚としてピラニアの名前を聞いただけで 日本国民にトラウマを起こさせるほどのインパクトを与えたといいます。
シリーズ 探検 川口 浩 隊

1995年5月4日には妻のひとみ夫人が甲状腺ガンのため死去… 享年58歳でした。 川口浩探検隊ナレーション 川口浩探検隊のナレーションをしていたのは、「田中信夫」さん。 というのも、リリースから数日後に、偶然、大阪の生ワイドショーに出演した川口浩のもとへ、嘉門達夫が突然乱入(もちろんスタッフの許可は取った上で)。

4
本編の動画はもちろん、メイキングの裏話、対談動画、特典映像、原案小説、撮影メモなど、ビデオとしても読み物としても楽しめるビデオマガジンとして出版しました。 2万5千の遺骨が語るガ島奪回丸山道作戦の謎 8 1979年10月10日 これが地球の底だ! の時は、後に『』で定番となる「」を特集。
シリーズ 探検 川口 浩 隊

すると・・・ あっちあっち!即答する裸女族たち。 言わずと知れた昭和の名物番組「川口浩探検隊シリーズ」ですが、印象の半分はBGMにあると思うんです。

15
今で言う、いわゆる『ヤラセ』の要素も含まれていそうですね。 実際は、釣ったピラニアを共食いさせて、骨だけになった状態の映像を撮影した後、カメラが回っていないところで川口浩たちがその死骸をつついて遊んでいるときに、事故が起きました。
シリーズ 探検 川口 浩 隊

司会は川口浩ほか。 テレビ朝日のみが編成していた。

川口浩隊長とは日本が誇る冒険野郎の 唯一神なのです。
シリーズ 探検 川口 浩 隊

現役組は、、、ほか。 川口が病魔に侵される数年前にはのう胞を患うなど病気がちだったという。 - 1980年10月1日放送。

以後はマネージャーやプロデューサーなどの「裏方」として芸能界に関わっていく。 世界中の「謎」を追う姿を、壮大なナレーションとBGMを交えて紹介し、日本中にセンセーションを巻き起こしました。
シリーズ 探検 川口 浩 隊

田中さんのナレーションは、畳み掛けるような語りで緊迫感があり、神秘的な感じを出していました。 何故ならそれが男の浪漫だから。

9
ならば、川口隊長が行かない理由はありません。
シリーズ 探検 川口 浩 隊

インディーズムービーの新しい発表形式としての提案です。

動画&読み物の新しい電子書籍 内容紹介: 昭和の名物番組「川口浩探検隊」のDNAを勝手に受け継ぐべく製作している、オリジナル探検シリーズを、電子書籍として出版。