ファット 端末。 仮想デスクトップには「ファットクライアント」より「シンクライアント」を選ぶべき理由:古いPCの再利用も

端末 ファット

しかし、カスタマイズをするとなると、ごく限られた範囲のみしかできないため、独自要件が求められる案件での対応は非常に難しい。

19
しかし、VDIだから安全だというのは大きな誤りという認識は持っておきたい。 ・通信経路の暗号化 サーバー上の画面を転送してシンクライアント上に表示するVDI方式では、通信経路を傍受されると情報が筒抜けとなる。
端末 ファット

ファットクライアントのメリット・デメリット ここからはファットクライアントのメリット・デメリットを紹介していきます。

3
今回のネットワーク・セキュリティ強化プロジェクトを統括した、同社技術革新統括本部 システム技術本部 セキュリティ技術部 技術部長 本城 啓史 氏は次のように述べています。
端末 ファット

可能 メリット VDI 基盤側で集中管理が可能。 また、導入方式ごとの概要・特徴についても触れているので、企業で実際に導入を検討する際の参考にしてみてください。 ブラウザベース Webブラウザにプラグインを導入することで活用できるリッチクライアントです。

強固な認証の仕組み シンクライアントのユーザーの中には、端末にデータが残らない特性を過信し、紛失・盗難への危機意識が薄れることがある。
端末 ファット

特に、普及当初はサーバーのスペックやネットワーク回線も貧弱で、シンクライアント導入のハードルは極めて高かったといえるだろう。 データ保存も端末で可能 ファットクライアントにはデータ保存に必要な機能もあるため、データを端末に保存できます。 一方で、複数の環境を利用したい場合は、環境ごとにイメージファイルが必要となり、管理工数がかかるというデメリットがあります。

内容は何人も補償しません。 導入コストはかかる ファットクライアントはクライアントシステムを一つ一つインストールする必要があります。
端末 ファット

事業継続性を高められる シンクライアントでは仮に災害でオフィスが使えなくなっても、データセンターに設置されたサーバーさえ無事であれば事業を継続できます。 ユーザー端末からの情報漏えいやマルウェア感染の被害を防げる リモートワークを企業が導入する際に、最も不安視されるのがユーザー端末から重要な情報が漏えいすることです。 また、大企業では、データの重要性が高いうえに、パソコンの保有台数も多く、管理コストも膨大になる。

18
この記事では、VDIとシンクライアントの違いを説明したうえで、VDIに求められるセキュリティ上の課題やその解決策について解説する。
端末 ファット

この点、シンクライアントであれば利用端末にデータを残せないため安全性も高く、テレワークとの親和性が高いと言える。 従業員のパソコンを業務に利用できれば、会社がシンクライアント端末を準備しなくてもよいため、コスト軽減にもつながる。 セキュリティは仮想デスクトップの展開において考慮すべき重要なポイントだ。

7
インターネット接続時はSSL経由とすることや、VPNを利用して通信経路を暗号化するといった対策も併せて考える必要が出てくる。 シンクライアントは原則としてデータをローカルに残さないため、その必要性は低い。
端末 ファット

テレワークの実現 テレワークでは、企業外のネットワークから社内システムにアクセスしての業務遂行が多い。

11
ユーザーごとに専用のハードウェアが割り当てられるので、通常のPCと同等のリソースが利用できるため、CADのような高いグラフィック性能が求められるような用途に向いている。