アキレス ディード。 アキレス・ディード (あきれすでぃーど)とは【ピクシブ百科事典】

ディード アキレス

腰部アーマーの可動。 ダンボール戦機 「アキレス・ディード」 レビュー ダンボール戦機から「アキレス・ディード」のレビューです。

20
序盤から主人公達の前に現れ、幾度と無く立ちはだかる側の。 ランナー共通なのでこのアキレスランスは組み立て可能。
ディード アキレス

首の可動。

15
シールは撮影していないことに頭部を作り終えてから気づいたので少し使ってます(汗 オリジナルのアキレスと並べて。
ディード アキレス

以下、適当にポージング。

17
下半身の可動。 ゲーム版では、主要キャラクターの初期の強化版サイクルのひとつとして無印から登場しており、や、等も同じサイクルの機体となる。
ディード アキレス

CVは。

また、機動性を高める為に、の専用支援機であるドットフェニックスを 追加装甲として装備している。
ディード アキレス

カラーリングが黒と締まったことに加え、足が高く首も長いので、プロポーションはよりスタイリッシュになった印象。 長い首が採用されているので、アキレスよりも若干ですが動かしやすくなっています。

関連人物 自身の過ちで運命を狂わせてしまった相手。
ディード アキレス

足首のパーツ構成はこんな感じ。 TOアキレス ゲーム版にのみ登場する、専用のミントグリーンのアキレス・ディード。 腰部が軸接続。

13
ドリル目当てのボディパーツとしても、同弾という強力なライバルがいる。
ディード アキレス

実際にアキレスの方で思いっきり軸がねじ切れてしまったので(汗 ボールジョイントを軽く削ってやったほうが安全。 必殺ファンクションは「ブラックストーム」ではなく「スプレッドショット」なのは残念。 本体もダークシューターも大きくなっているので、ブラックストームのエフェクトが接地しません。

17
無印では、これらのサイクルに当てはまる機体の通常カラーはNGしか存在せず実戦には不向きだったが、『』では、一転して通常カラーも含め全てMGとなっている ただし仕様のは除く。 この機体はそのままである程度飛行できる設定ではありますが。