三好 義継。 三好義継(みよし よしつぐ)

義継 三好

しかし、北政所に仕えていた頃に面識のあったに誘われに召し抱えられ、その子孫は広島藩士となって先手者頭や番頭といった藩の重職を務めた。

16
この時焼失したのは、 大仏の仏頭、 伽監、 念仏堂、 大菩提院、 唐弾院、 四聖坊、 安楽坊などでした。
義継 三好

信長の上洛を受け六角義賢は観音寺城の戦いで敗れて近江を追われます。 武家の棟梁(義は足利家の通字)を「継ぐ」という意味が込められていたのかもしれません。

しかし、長慶晩年の三好家は、多くの不幸に見舞われます。
義継 三好

義興の死は、三好家乗っ取りを目論んだ家臣の松永久秀による陰謀だとする説もあります。

三好義継と松永久秀もこれに恭順。
義継 三好

この逸話から長江正一は、三好家の人々は京都の上流階級相応の食事をしていたと判断している。

6
弟の『義賢』が討死。
義継 三好

母は九条稙通の娘(あるいは養女)。 猛火天にみち、さながら落雷があったようで、 ほとんど一瞬になくなった。

1
三好長慶は、その「近畿地方」と「四国・阿波」を支配していたので、まさに「天下を支配する者」すなわち「天下人」だったのです。
義継 三好

岩之丞の子孫に作家のが出る。

13
安宅冬康 あたぎ ふゆやす(1528~1564) 長慶の弟。