融合 類語。 融合とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

類語 融合

結合せる• 繋合わせる• 使い方・例文 ・上層部での情報部と作戦部の 不協和音など、彼らには関係なかった。

16
それぞれの意味を個別に紹介します。
類語 融合

つなぎ合わせる• (出典:シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』よ) ・一個一個の収蔵品が好き勝手な自己主張をするために、耐えがたい 不協和音が生まれている感じだった。 練りあわす• 相交わる 接続させられる、あるいは結合させられる の意• 「排」は「おしのける」「除け者にする」、「他」は「当面のものや自分以外の事柄」「ほか」を意味。

16
そこでは,画像合成が重要な技術の1つになってきます。 (出典:デジタル大辞泉) ・ 耳障り(みみざわり) 意味:聞いて気にさわったり、不快に感じたりすること。
類語 融合

ゆかり。 TOP画像/ c Shutterstock. 「核融合反応」(核融合)は、原子どうしがぶつかりとけあって一つの新しい原子ができる反応を指します。

4
練合わす• 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 親和性とは? 2つの意味を知ろう 「親和性」という漢字からは、人間関係を表す際に使われる言葉のようにも思えますよね。 (出典:賀東招二『フルメタル・パニック!05 終わるデイ・バイ・デイ(下)』) ・のちに多くの人が知るようになる攻撃陣と守備陣の間に存在した 不協和音は、そのことによって生じたのだと西野は考えている。
類語 融合

新しい全体を形成するためにものを結合する行為 の意• その結果,通常は遠赤外線も可視も見えますし,対象物の前に煙があるなど悪条件下でも遠赤外線で見ることができます。

16
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編』) ・それほどこの時代の日本のことばの中には朝鮮語が渾然と 融合していたのである。 ) 【例文】• 元々独立した人々や組織から形成された政治的な構成単位 の意• マルチモーダルな画像を合成することで,可視画像の認識の容易さと,遠赤外線画像の豊富な情報提示を実現でき,重要な情報の迅速な認識が可能になります。
類語 融合

「疎外」とは、「嫌ってのけ者にすること」または「人間がみずから作り出した事物や社会関係・思想などが、逆に人間を支配するような疎遠な力として現出すること」を意味する言葉です。 (出典:デジタル大辞泉) ・ 合流(ごうりゅう) 意味:別々に行動していた人・集団・党派などが一つになること。 (出典:デジタル大辞泉) それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

13
」 「不協和音」の一つ目の意味は「同時に響く二つ以上の音が、協和融合しない状態にある和音。
類語 融合

1の意味から派生して、人間関係などで協調されていない状態を指すようになりました。 c Shutterstock. (出典:デジタル大辞泉) ・ 摩擦(まさつ) 意味:人間の社会関係で、二者の間に意見や感情の食い違いによって起こる、不一致・不和・抵抗・紛争など(出典:デジタル大辞泉) ・ 仲違い(なかたがい) 意味:仲が悪くなること。

3
(出典:泡坂妻夫『斜光』) ・ あらゆる音が平均律に区分されて、世界は 不協和音に満たされていく。
類語 融合

威力は相当に高く、一撃で地形が変わるほどである。 結合していること の意• 2つ以上の独立国の連邦であることを象徴する国旗上の部分(通常内側の上の角にある) の意• 結合の緊密さ• 2)広くビジネスシーンで使用される「親和性」は、物事を組み合わせたときの、相性のよさ。

6
(出典:デジタル大辞泉) もとは別々だったものが、ひとつになることを言います。 (出典:デジタル大辞泉). ハードウェアアライメントでは,われわれのシステムは,シリコンのビームスプリッターを設置し,遠赤外線を通して可視光は反射するという特性を利用しました。
類語 融合

組あわせ• ImPACT(革新的研究開発推進プログラム)のタフ・ロボティクス・チャレンジというプロジェクト中でも,遠赤外線カメラの特徴を利用した研究を行っています。 2 不調和な関係のたとえ。 」です。

「打ち解けて親しくなる」という意味もあります。 まず2つのカメラがあるので,カメラ間の位置合わせが必要になります。