ロゼ と 黄昏 の 古城 考察。 ロゼと黄昏の古城

と 考察 古城 黄昏 ロゼ の

「いばらの研究日誌」と「ヴィオラの日記」を書いてるはヴィオラ本人です。 何度も何度も……。

2
色を吸い取り、色のないものに与える力……。 ご連絡をお受け取りいただけますよう受信設定をお願い致します。
と 考察 古城 黄昏 ロゼ の

これでヴィオラを倒せたよう。

4
ロゼは勇気をふりしぼり、先へと進んだ。 「時」を得た異形が容赦なくロゼに襲い掛かってくる。
と 考察 古城 黄昏 ロゼ の

この後、色々あってブランが暴走するわけですが、ヴィオラ暴走からブラン暴走は年月がかなり経過してる可能性もある。 このゲームの独特な世界観を考えると、こういう終わり方があっているんだろうなと思います。

14
ステージの扉を開くために、主人公であるロゼが処刑台で自殺したり、多数のトラップが存在している いわゆる死にゲーとなっており、雰囲気ゲーとして良く出来ている作品だと思います。 ブランを追いかけて時計塔を進んで行った ロゼは、時計塔上層でブランと出会う ブランは茨の力で襲ってくるが、ロゼは巨人と力を合わせてブランを倒す ブランを倒すと足場が崩れて ブランはそのまま落ちてしまう ブランを助けることのできなかったロゼは、巨人と共に古城を去ろうと城門を抜けるが、無自覚に近くの花の血を吸い、時を止めてしまったのを見て 古城に引き返すことに決める(第1エンディング) スタッフロール後にゲームを開始すると謁見ノ間から始まる 城門を巨人と共に塞ぎ、謁見ノ間の玉座で座っていると 下の方から何かが崩れる音が聞こえる 巨人と出会った場所の地下牢から先に進むと深層ノ廊に行けるようになっており、 ロゼと巨人は深層ノ廊を進んで行く 深層ノ廊の各ステージには、「ヴィオラの日記」が落ちており、ヴィオラという茨の呪いにかかった一人の女性に起きた悲劇が書かれている ヴィオラの日記の考察 ・茨に襲われたヴィオラは、茨の呪いにかかってしまう ・「修道会」からは吸血鬼と罵られており、 城主の父に匿われて生活している ・ 「いばらの研究日誌」を書いたのもヴィオラであることが判明 ・ヴィオラの想い人である「彼」と父のおかげで平穏な生活を送っていた ・城の地下で出会った 巨人に血を与えて目覚めさせ、茨の呪いを治すために吸血鬼を倒そうと決意する ・しかし ベゴニア歴20年に父が亡くなり、その1年後に「彼」が「修道会」による拷問の末に殺される ・ヴィオラの記憶では、 「彼」の遺体を見せられたヴィオラが暴走し、永い眠りにつくまでが見られる 深層ノ廊にある2つの鍵に血を与えると封印ノ間の扉を塞いでいた鎖が壊れる 封印ノ間へ行くと永い眠りから覚めた ヴィオラにブランが茨で捕らわれていた 怒りを見せるロゼにも茨で攻撃を仕掛けるが、巨人がロゼを守る この時ヴィオラは巨人に対して怒っているが、おそらく昔に巨人と行動を共にしていたことから? ヴィオラには想いを寄せる"彼"がいる。
と 考察 古城 黄昏 ロゼ の

あてどなく古城を彷徨っていた先で出会った奇妙な姿の 巨人と助け合いながら、ロゼは血と茨に覆われた古城からの脱出を目指す。 城が崩壊してからゲーム開始時まで年月が経っている可能性もある。

19
も見た通りの幼くか弱いであるため、走って勢いをつけ過ぎればすっ転び、高所より落ちれば死に至り、に刺さればする。
と 考察 古城 黄昏 ロゼ の

突然のことに驚いたロゼは、それが自らの方へ振り返った瞬間、恐怖のあまり逃げだした。 ラスボスには何度でも挑戦可能で、セーブデータを消したい場合は、STARTボタンのオプションから 「いばらの研究日誌」や「ヴィオラの日記」などのコレクションを全て集めるとトロフィー というような感じですね。

19
をめ彷徨い歩いていると、やがて大きくてまんまるなと出会う。
と 考察 古城 黄昏 ロゼ の

他にも血液を吸収するとその血の持ち主が最後に見た記憶を覗くことができたり、どんな方法で死亡しても寄生者を蘇らせる力を持つ。

ロゼは茨の血をそれに注いだ。 主を失った玉座がたたずむ。