一般 事業 主 行動 計画 と は。 一般事業主行動計画|CSR等|株式会社荒谷建設コンサルタント

と 行動 一般 は 主 事業 計画

群馬県• 栃木県• 2017年認定• 2015年認定• 甲信越・北陸• 大阪府• 岐阜県• なお、計画期間終了後に、くるみん認定を希望される場合は、認定基準を踏まえて、行動計画を策定してください。 目標を達成するための対策を立てる•。 香川県• 熊本県• 富士通システムズアプリケーション&サポート 行動計画 社員全員が働きやすい環境をつくることにより、社員が十分に能力を発揮し続けられるよう、次のように行動計画を策定します。

7
認定基準には、雇用環境の整備に関する行動計画を実施し、定めた目標を達成したことや、男性の育児休業取得者がおり、かつ女性の育児休業等取得率が75%以上であることなどがあります。
と 行動 一般 は 主 事業 計画

大分県• 2010年認定• 高知県• 神奈川県• 例えば、過去5年程度をさかのぼって、以下のような事項を調べてみましょう。 佐賀県• 6 モデル計画F:認定を目指し、両立支援対策の充実を目指す会社• 茨城県• 令和元年5月~ トライアルイベント実施• 「制度の導入」を目標とする場合は、関係法令で定めている最低基準を目標とするのではなく、それを上回る水準にしましょう。 一般事業主行動計画の公表方法 1 インターネットの利用 自社のホームページへの掲載、 掲載無料 の利用 2 その他適切な方法 日刊紙への掲載等 一般事業主行動計画の労働者への周知方法 1 事業所の見やすい場所へ掲示し、又は備え付ける 本社のみでなく全ての事業所等で実施することが必要です 2 書面を従業員へ交付する 3 電子メールを利用して従業員へ送信する 4 その他適切な方法 磁気テープ、磁気ディスク等に記録し、労働者がその記録内容を常時確認できる機器を設置し、労働者へその機器の操作権限を与えるとともに、その操作方法を周知させる等により一般事業主行動計画の内容を随時確認できるようにする等 公表及び労働者へ周知すべき内容 一般事業主行動計画自体 1計画期間、2目標、3目標達成のための対策とその実施時期 です。

15
2014年認定• 北海道・東北• 101~300人• 12 全モデル計画A~K• さらに、平成27年4月、くるみん認定を受けた企業が、さらに高い水準の取組を行い一定の要件を満たした場合に付与される、特例認定 プラチナくるみん 制度が創設されました。
と 行動 一般 は 主 事業 計画

秋田県• 従業員から相談があった場合は、個別面談を実施する。

2
課題に優先順位をつける ある程度課題が見えてきたら、各課題に優先順位をつけます。 一般事業主行動計画を変更したらその旨の届出を 行動計画の内容について変更したら、「一般事業主行動計画策定・変更届」に必要な事項を記載し届け出てください。
と 行動 一般 は 主 事業 計画

また、行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、必要書類を添えて申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定 くるみん認定 を受けることができます。

3
2018年認定• 2001~5000人• 奈良県• 愛媛県• 50人以下• 社会福祉法人秀峯会 〒853-0311 長崎県五島市岐宿町二本楠375番地 TEL. 平均的な利用期間はどのくらいか。 また、従業員のニーズを把握するにあたっては、以下のような項目を調べてみましょう。
と 行動 一般 は 主 事業 計画

一般事業主行動計画とは 企業が、労働者の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない労働者も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むために策定する行動計画です。

4
全てを選択• 山梨県• 1 ワーク・ライフ・バランス支援制度の認知度、利用意向• 優秀な人材が各部署で確保できるようになりつつあり、これを更に促進するため、パートタイマー(非正社員)から一般職群社員(正社員)、一般職群社員(正社員)から総合職(正社員)への身分転換制度を積極的に活用するものとする。
と 行動 一般 は 主 事業 計画

福岡県• 一般事業主行動計画の概要だけでは公表及び周知したことにはなりません。 公表の方法には、厚生労働省が運営するウェブサイトへの掲載、自社のホームページへの掲載、県の広報誌・日刊紙への掲載などがあります。

16
8 モデル計画H:地域等に対する次世代育成支援対策を行いたい会社• 長野県• 2009年認定• 11 モデル計画K:正社員の両立支援制度が整っている会社• 山形県• 一般への公表 行動計画を策定したら、策定の日からおおむね3か月以内に、その計画を一般に公表しましょう。 経営層の判断も仰ぎながら、優先順位を決定することも必要となるでしょう。
と 行動 一般 は 主 事業 計画

5001人以上 くるみん認定• 1001~2000人• 2016年認定• 2016年認定• 京都府• 目標2:育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備を行う。 全てを選択• 2019年認定• 定量的目標. 5 今後、会社で検討・実施してほしい支援制度 など• 2018年認定• 計画期間を決める 計画の期間は、各企業の実情を踏まえて設定しましょう。 認定の申請または特例認定の申請を予定している場合は、申請の際に公表および従業員への周知をした日付が分かる書類が必要になりますので、以下のような書類を保存しておいてください。

8
広島県• 2017年認定• 全てを選択• 岩手県• 青森県• 滋賀県• 7 モデル計画G:高齢者が多いこと等により育児をしている社員がほとんどいない会社• また、一般職の職務範囲の拡大等に向けて基本給の上限を見直し、処遇改善を図る。 中国・四国• 次世代育成支援対策法とは 次世代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境を整備するために、国、地方公共団体、企業、国民が担う責務を明らかにした法律で、平成17年に施行されています。