サピア ウォーフ 仮説。 言語相対性仮説

仮説 サピア ウォーフ

この仮説を提唱したのが サピアさんと、 ウォーフさんだったので、名前から サピア・ウォーフの仮説と呼ばれています。

2
「上り側」「下り側」「横」の世界 そのような地形に住むテネハパ族にとって、わたしや彼といった「話者」が「右か左」にいることは特に重要ではなく、「上か下」のどちらにいるかが重要で、その距離がたとえ1㎝であっても1kmであっても関係なく、「上り側」「下り側」「横」の3つの表現で事足りることが分かった。 この理論には、子供は、大人からすべての言語について模倣できるわけではないし、常に強化を受けているわけではないという疑問点が残りますが、言語獲得の一つの側面を表していると考えられます。
仮説 サピア ウォーフ

しかし皆さんはこう思うはずです、 言葉を理解しただけでなぜ彼らと同じ時間の概念を持つことができるのか?と。

14
その言語をサピア=ウォーフの仮説でいうなら、ある言語に依存する思考を持つ人々は消えてしまった、ということになるのだろうか。 なお、これはカナダ・エスキモー語であり、ユピック語 西南アラスカのエスキモー ではこのうち 4種が やや異なる発音ながら 見られると記しています。
仮説 サピア ウォーフ

ただ未亡人だけが残される。 突然飛来してきた宇宙船との接触を描いた映画ですが、内容はSFというよりも心理的・哲学的なものでした。 「それがどうした」と思われるかもしれないが、なにがすごいって、今までに行ったことのない赤の他人の家のなかで、山の頂上がみえなくても、真っ暗な部屋のなかで、ぐるぐる回転させられても、その部屋の床が平でも、どっちが「高いほう」だかわかるのだ。

12
そして、文法の基本部分( 普遍文法)は生得的に決まっていて、その可変部分(言語習得関数)が経験により決定されて個別の言語が生成すると考えます。
仮説 サピア ウォーフ

見ること• (Wikipediaより引用) と、いうものです。 【言語による認識の形成】 子どもの思考の発達にとって,言語はどのような働きをするのかという観点から,言語相対仮説は認知発達の分野でも注目されている。 異なる言語が異なる捉え方の枠を提供しうるとすると、言語の違いは〈ものの見方〉にも影響するのではないか? という疑問が、言語と思考というテーマの出発点になります。

19
しかし、 このサピア・ウォーフ仮説という名前は後世の人が勝手につけた名前だそう。 改めてこの事実を考えると長!と思いますね。
仮説 サピア ウォーフ

モノの認識• まあそうそうないですよね。 また、このブログでも何度か書いたと思いますが、言語はコミュニケーションの手段なので、それを身に付けてその後どうするのか、言語(特に外国語学習)を身に付けること自体が最終目標にならない方がいいと思います。

13
」(戦争では勝者なんていない。 コミュニケーションも言語なくして成しえないと思います。
仮説 サピア ウォーフ

これは関係を理解する言語をもたないために思考の媒介として用いる事ができない結果であるといえる。 」というものであり、「言語によって思考様式が完全に決定される。

つまり,ことばが範疇知覚categorial perception(カテゴリー知覚)を作り,モノの認識をことばのカテゴリーの方に引っ張る,あるいは歪ませてしまうということがこの実験からわかったのである。 もっと言えば、ルイーズが ヘプタポッドの言語を理解した時にもパラドックスが生じています。
仮説 サピア ウォーフ

あくまで人の考え方や物事の捉え方などは、その人の母語によって影響を受ける部分が大きいという考え方をしていたまでです。

一方、アルファベットなんかは1文字だけでは意味を持ちません。