お 伺い しま した。 さいたま市立浦和高校に詳しい方にお伺いします。説明会で部活や行事に熱心な学校...

伺い した お しま

二重敬語は、誤った表現方法であり、使用することは避けるべきだとされていますが、 「お伺いします」は慣習的によく使われる表現です。 「伺いました」は人に対してへりくだって使う言葉なので、場所や物に対しては使えません。

20
相手の行動に対して謙譲語を使うと失礼にあたります。 「ます」は丁寧語で、「行く」の敬語ではありません。
伺い した お しま

この言葉には主に3つの意味があります。

2
言葉の成り立ちにはそれぞれ意味があるように、「お伺い」という単語と「立てる」という単語にもそれぞれ意味があります。
伺い した お しま

「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

4
ミーティングの詳細は以下の通りです。 「伺います」は「聞く」「訪れる」などの謙譲語に、丁寧語の「ます」を組み合わせた表現です。
伺い した お しま

「伺い」という言葉の意味は、うかがうこと、相手の意向を確かめること、目上の人に指示を求めること、という意味があります。 「お伺いいたします」は、 二重敬語で過度な敬語表現のため、使用は避けるべきです。 「伺いたい」は、相手を敬う謙譲語を使用した表現なので、目上の人に対して自分が「訪問したい」といった場面や、「何かを聞きたい」という場面で使用できます。

3
また「〜させていただく」は、「相手からの許可が必要なとき・恩恵を受けたとき」に使う表現になります。 そのためビジネス上では、「お伺いします」と使っても問題はないと考えてよいでしょう。
伺い した お しま

あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 業務用ブロック肉を期間限定・特別価格にて販売中. ・取引先の交渉は、自分で判断しないで上司にお伺いを立てたらどうだい。

13
また、「お伺いいたしました」という言い方も、一見丁寧な表現に見えますが、「お伺いしました」と「いたしました」の二重敬語ですので、使わないようにしましょう。
伺い した お しま

塾も通っている人は半分にも満たないと思います。 「伺い」には「 目上の人の指示や指図を求めること」といった意味があります。

12
「お伺いを立てる」は確認の際に使う 「お伺いを立てる」とは上司など目上の人に対して、問題等がないか確認することを意味します。
伺い した お しま

一見すると、丁寧に聞こえて問題ないように感じられますが「お~します」という敬語表現に「する」の謙譲語である「いたす」が加わった二重敬語です。 間違えてしまいそうで不安な時は、「聞く」という意味の時は「伺いました」、「行く」という意味の時は「参りました」を選ぶようにしましょう。 このように場面によっては「お伺い」以外の言葉を使った方が適切な時もあります。

8
例文 「勤務時間についてお話を伺いたいのですが、今よろしいですか?」 「今回の時間について伺いたいことがございます」 「今回の試食会は、試食後お客様の意見を伺いたく存じます」 「お伺いを立てる」 「お伺いを立てる」は、 目上の人に問題がないか確認をしたり、意見を求める際に使用する言葉です。 」は文法的におかしいですね。
伺い した お しま

【ベスト】 ・「伺います」 【ベター】 ・「お伺いします」 【NG】 ・「お伺いいたします」 ・「お伺いさせていただきます」 「お伺いします」の言い換え表現 「お伺いします」は「行く・訪問する」「聞く・質問する」という意味を持つため、言い換え表現も多く存在します。 「伺い」の敬語表現として「お伺いを立てる」となります。

例えば、「質問したい事があるので、明日そちらの会社へ行きますね」という文章に「お伺い」を使うと「お伺いしたいことがございますので、明日貴社へ伺います」となりますが、一つの文章のなかに「お伺い」が二つも存在し分かりにくい文章になってしまいます。 お伺いします• 「お話を伺いたいのですが、今よろしいですか」 「議事録について伺いたいことがございます」 「明日の打ち合わせではこちらの商品について、伺いたく存じます」 「お伺いを立てる」は目上の人に確認すること 目上の人に問題がないか確認をしたり、意見を求める際に「お伺いを立てる」と使います。