おろそか。 ナポレオン『お前がいつか出遭う災いは、お前ががおろそかにしたある時間の報いだ。』

おろそか

会いやすさに大きく差がある場合に限り、滅多に会えないほうを優先する」 とマイルールを定めています。 「おろそか」には「なおざり」とあるように、「しなければならないことを放っておく」という意味が含まれる。

20
その分野のことをしっかり行なうことができていれば、ちょっとした想定外のことが起きたとしても何にも動揺するようなことはありません。
おろそか

あなたは、何かに取り組む際に安心してそれらを行うことができていますか?心から自分を信じて行動できていますか? 安定して結果を出せると次なる課題にも向かいやすくなるため、これまたあなたの人としての成長につながります。 おざなりは、物事に着手はしているが、その場だけの間に合わせの時に用いる言葉で、「いい加減」なのは「着手の仕方」である。 結婚していない以上、「彼氏」は「いつか別れる予定の人」という認識なので、仕事よりも大事にするつもりはありません。

「彼氏を優先する女がクズ」と言いたいわけではありません。
おろそか

問題があったときに慌てふためいても状況が悪化するだけですから、基礎を押さえてどんな問題の時にも対応できるような人になりましょう。 だから、仕事も生活も後回しにしてしまいたくなるくらい好きな人に出会ったのなら、無理に冷静になろうとせず、ホットな感情を貫き通せばよいのでは? むしろうらやましい……とも思います。 あなたはサッカー選手になりたいのかもしれませんが、これまでに何も経験していないのに急にサッカーの試合に出てもまわりの選手たちのスピードやスキルについていくことができません。

なおざりとは、取り組んでいることに対して注意を向けることなくいい加減であるさまを示しています。 そう感じざるを得ません。
おろそか

この忍耐力があると、あなたは人としても成長するだけではなく、その取り組んでいるスキルアップもかなえることができます。

4
そのようなことを夢や目標にすることは、決して悪いことではありません。
おろそか

次に、現代語での話として考えてみましょう。 なおざりは、物事に着手もしないで放置しておいたり、真剣に取り組もうとしなさまに用いる言葉で、「いい加減」なのは「物事に対する姿勢」である。

4
人を好きになるハードルが上がり、夢中になってのめり込めるような恋愛はなかなか起こりえません。
おろそか

しかし、何に関しても基本的なことだけでも実行できるようになると、それだけでも自分に自信がもてるようになります。 いつかその感覚がなくなってしまい、年齢や経験年数のわりには何もできない…なんていうことも出てくるかもしれません。 ただ、恋愛に注力しがちな女性は、注意すべきことがあります。

11
人それぞれ何を優先するかは自由で、それによって築かれる人間関係こそあなたの財産です。
おろそか

*問題* 「おろそか」という意味の言葉は? 青 なおざり 赤 おざなり 緑 正月の楽しみ ことば検定の答え 答えは 青 なおざり 等閑( なおざり)とは。 あなたも、もしかしたらいやなことが続いていて仕事を辞めてしまった経験があるかもしれません。 ということで、ここでは何事も基本的におろそかにしないほうがいい理由をご紹介します。

14
また、「仕事と彼氏の予定」に関しては、ある程度は、仕事を優先するようにしています。
おろそか

この場合の「去り」は何もしないで遠ざける、つまり、物事を放っておくという意味です。 おろそかにされはしないだらうか おろそかになってしまった おろそかにしなかった おろそかにする おろそかになるまでの おろそかに申す おろそかならぬ使命がお互いに感じられる おろそかにしはしないだろうか おろそかにはしない おろそかに取扱って下さる おろそかになった おろそかにつかえない おろそかに扱ってはならないという おろそかにしなかったという おろそかにゃ思いませんよ おろそかにした おろそかに思ってはならないぞ おろそかになる おろそかにし おろそかにはできませんけれども おろそかにして来た おろそかに与えず おろそかでないことを知ってやる おろそかには思っていません おろそかにされている おろそかに思っている おろそかには造れません オロソカにしては おろそかにしたからである おろそかにできない おろそかにしない おろそかにしません おろそかにしている おろそかにはならぬ おろそかに看過してはならない おろそかにはその袋には入れません おろそかにならざるをえなくなってからは おろそかには暮せない おろそかに考えた おろそかには済まされぬ おろそかにはいたしませぬ おろそかになって行く おろそかになって おろそかにして おろそかにしないといふ おろそかにしてはならない おろそかには出来ないというので おろそかに出来ない おろそかにはしなかった おろそかな労力では洗いきれる おろそかに思わんが おろそかに受け取る おろそかにせず おろそかに聞いてはなりません おろそかにしたいほど おろそかには思われぬ おろそかにならず おろそかにこの幸福を思っていない おろそかに思召す おろそかには思っていなかった おろそかにあそばさない おろそかに思ってはなりませんよ おろそかになどはいたしませんよ おろそかにはできない おろそかにあなたを思っている おろそかに思っていれば おろそかには思えなかったらしい おろそかに思われましょう おろそかになつてゐた おろそかにしてはすまないと おろそかになってしまって おろそかなるべき事にはあらねど おろそかに思ってはならない おろそかには思う おろそかにはいたさぬに オロソカになる おろそかになっていた おろそかならざる心持にしているという おろそかにしませんでした おろそかに見ては おろそかに見すごしてしまう おろそかでないところがあるだろう おろそかに思うてはなりませぬぞ おろそかにしたというだけで おろそかにしてしまう おろそかならぬものと思われます おろそかになり おろそかにされない おろそかにしていた おろそかな仕事ではありません オロソカにはしなかった おろそかには考えて居りません おろそかにしよう おろそかに外に洩らされない おろそかには思われぬわいのう おろそかであることを意味する おろそかにしたという おろそかにせない おろそかに扱えば おろそかに仰げば おろそかに蚊帳を透かしてみえねど おろそかにしてはなりませんからね おろそかにはつかえない おろそかにしまいと思う リボン一本よりもおろそかに 點におろそか 日記がおろそかに 学課をおろそかに 教をおろそかに 仇やおろそかには 一方がおろそかに 仇やおろそかに 看病治療をおろそかに 研究がおろそかに 任務をおろそかには 健康をおろそかに 研究におろそか 注意がおろそかに 紐とておろそか 機会をもおろそかに 飯をおろそかに 愛がおろそか 闍利さまをおろそかに 建設をおろそかに これもおろそかには 真珠をもおろそかに 世話もおろそかに 俳句をおろそかに 人生のおろそか ことがおろそかに まひなどもおろそかに 心遣いをおろそかに ためにオロソカに 根をおろそかに 俳優はおろそかに 朝夕をおろそかに 調合をおろそかに 稽古をおろそかに 追求をおろそかに 月給をおろそかには 祖先新田氏をおろそかに 他をおろそかに 警固もおろそかに サークル活動をおろそかに 朝廷をおろそかに ことはおろそかには 用心もおろそかに 詮索をおろそかに 葉をおろそかに 言葉をおろそかに 小事をおろそかに 數理をおろそかに 源をおろそかに 役目をおろそかには 神社仏閣をおろそかに 元来時代物をおろそかに 詮議もおろそかに それをおろそかに リーグ戦はおろそかに 参考資料をおろそかには 京金襴だってもおろそか 一味徒党もおろそか 五十両のおろそか 功はおろそかに 短艇訓練をおろそかに これをおろそかに 勤務をおろそかに 学道をおろそかに 修練をおろそかに こともおろそかに つて母様がおろそかに 母様がおろそかに 商売をおろそかに 勤めをおろそかに 女はおろそかに 手までもおろそかに 父君陛下がおろそかに 防備をおろそかに 源氏はおろそかには 一事でもおろそかに 好意をおろそかに ほうもおろそかになどは 方位をおろそかに 結果でなかったと言ってもおろそかには 愛情だけはおろそか あなたをおろそかに 自分をもおろそかには 凝視がおろそかに いままでおろそかに 取締のオロソカ 微動さえおろそかには 一枚でもおろそかに 方をおろそかに 勉強もおろそかに 守護はおろそかには 検討がオロソカに 努力におろそか 見張りはおろそかに 仕事に向っておろそか ことをおろそかに 考えにはおろそか 二時間それをおろそかに 身だしなみをおろそかに 産業をおろそかに 自然いくらかおろそかに 公事をおろそかに 準備をおろそかに 行事をおろそかに 一度でもおろそかに 美代子をオロソカには 開展をおろそかに 勤め向きもおろそかに 一つのみおろそかに 義務をおろそかに. 「ただおろおろするばかり」や「涙をおろおろと流しながら」のような使われ方がされる。 成果が上がりやすくなる 基本的なことについてしっかりと学び、そしてわからないことに関しては復習しておくことによって、あなたの成果が上がりやすくなります。

13
忍耐力がつく あなたには、忍耐力はあるでしょうか。