ぬけ さく 先生。 ついでにとんちんかん

先生 ぬけ さく

東風と戦った際は戦闘シーン無しで負けるなど、実力はさほどでもない。 一度は狙いを東風に定めるものの、カンフーによりやはり撃退される。

1
聴覚が異常に発達していて、他人が落としたコインの音をどんなに遠くからでも聞き付け、これを奪いに来る。 たまに死体を借り、仮の姿にしている。
先生 ぬけ さく

怪盗とんちんかんのリーダーとして活動している時も覆面を付けずに素顔でいるにもかかわらず、なぜか正体を気付かれることはない(そのことは他のとんちんかんのメンバーも劇中で言及している)。 しかし、鬼による地獄の責め苦をものともしない抜作により地獄を変えられそうになったため、慌てて抜作を現世に戻し、死神と主任に「こいつだけは二度と連れてくるな」と言いつけていた。

16
アニメ版の最終回では、未来の世界で大日本警察署の署長に昇進していた。 三沢伸 金沢比呂司 38 8月13日 好きと言えない二人だから 藤川茂 佐々木敏子 燃えろ毒鬼警部 三井秀樹 小山高生 一川孝久 39 8月27日 笑撃! 寝田切(ねたきり) アパート久荘の住人。
先生 ぬけ さく

下の名前は不明。

家族構成は祖父の存在が明らかになっているが、その他の家族は一切作中に登場しない。 また抜作を軽く叩いた程度でも叩いた者に攻撃したり、同じく頼みを断った者にも脅迫することさえある。
先生 ぬけ さく

4年に一度、自身が製作したを販売している。 抜作以外の3人が力を合わせて「へのかっ波(へのかっぱ)」を放つことができる。 その後も仲間と共にたびたび抜作の命を狙うものの、その都度常識を超えた不死身ぶりを目の当たりにし撃退される。

6
最終回は茨木邸にある「取っておきの物」である取っ手が金で出来た開かずの扉から、とんちんかん、毒鬼警部一行がパラレルワールドと未来の礼院棒町を旅し、それらを見た後、現代に戻って幸せな未来に向かうという形で締めくくられた。
先生 ぬけ さく

甘子の超能力も全く通用しない。

6
アニメではとんちんかんに再戦するエピソードがある。
先生 ぬけ さく

結果にはがっくりしましたが。

2
お笑いコンビ・のは、同作が自分にとってのバイブルだと公言しており、の待ち受け画像を本作の主人公・間抜作にしていたことがある。 まぁできる範囲で足掻きます。
先生 ぬけ さく

最終回では、未来の礼院棒町にて吉沢先生から逃げて隠れている自分を見て、震えていた。 そのゲーム中の通常戦闘において、他のキャラクターは敵味方全て近接攻撃が「拳」で表現されているのに対し、抜作は「尻」、そして遠隔攻撃は「屁」と異彩を放っている。 やく病神 声 - 、 アニメのエンディングでは「疫病神」表記。

18
死んだ直後に迎えに来た死神を夫の拳之介が叩きのめしてしまったために道場内で浮遊霊としてさまよっている。