黒人 発砲。 アメリカの人種差別問題で今、何が起こっているのか?「Black Lives Matter(黒人の命は重要だ)」

発砲 黒人

差別されている側のことを想像することはできるのか SNSで拡散されていた、主に白人女性たちが、抗議する黒人たちと警察官たちの間に立ち、警察官たちをけん制していた写真。

16
ボトムズ市長は、米大統領選で民主党候補指名が確実となったジョー・バイデン()前副大統領の副大統領候補としても名前が挙がっている。 同氏は、当時の警察による黒人への暴力に対する抗議を示すため、試合での国歌斉唱の際に起立せず、代わりに片膝をつく姿勢を取り、賛否両論が巻き起こりました。
発砲 黒人

このデモは、その前に渋谷区で、定住者ビザを保持するトルコ出身のクルド人男性が、警察官によって地面に引き倒され、首を押さえ付けられるなどして負傷した事件と関連しています。 動画では、警官らに止められたブレークさんが、警官らのもとを立ち去ろうとしている。 さらに、抗議活動は西部のカリフォルニア州ロサンゼルスや南部のテネシー州メンフィスにまで広がった。

20
ブレークさんは、ナイフを持っていることを認めていたとされる。
発砲 黒人

しかし、された方が死ぬこともあるこの行為は、見直す動きが広がるかもしれません。 通常はこのような土壌がなければ、いかにアメリカでもあの一件だけで暴動が起きることはなかったのだろうと思います。 黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官に首を押さえつけられ亡くなった事件を発端に、アメリカで抗議活動が広がっている。

7
この事件をきっかけに全米では人種差別に抗議する大規模なデモが発生した。 26日午前4時、ペンシルベニア州フィラデルフィア市内で黒人男性がナイフを振り回しているという通報がありました。
発砲 黒人

【AFP=時事】米ロサンゼルス南郊で8月31日、自転車で走行中に交通違反を理由に呼び止められた黒人男性が、警官らともみ合いとなった後、撃たれて死亡した。 いまのタイミングだからこそ、なのだろうと思います。

一方、警察側は、キズィーさんが所持していた拳銃を落とし、警察官を殴ってきたことから発砲したものだとしています。
発砲 黒人

重体となったブレークさんは、同州ミルウォーキー()の病院に空輸機で救急搬送された。

1
撃たれた男性は空路で病院に運ばれたが、重体という。 「私たちは黒人の命に対する正義や平等、説明責任を求める全ての人たちとともに立つ」とツイッターに書き込んだ。
発砲 黒人

警察に怒ったデモ隊が一部暴徒化するなど、けが人や逮捕者も出ています。 現場では、発砲のあと、警察官の対応に抗議する活動が行われました。

中西部ウィスコンシン州で今月23日に黒人の男性、ジェイコブ・ブレークさん(29)が警察官に銃で背後から7発撃たれました。
発砲 黒人

場合によっては、黒人だから殺されたのではないだろうかということが窺えるようなケースが毎年発生していて、それが土壌になっているのです。 さまざまな問題提起に対して、「自分/〇〇も大変なんだ」「つらいのはみんな同じだ」といった言葉が投げ掛けられることがありますが、今、問題になっているのはそのことではないんだけどな、どうしてすぐ自分(たち)の話にしたがるのかな、と(自戒も込めて)いつも思います。

これに対し警察官はペッパースプレーやブラストボールで応戦。