ポケカ v スタート デッキ。 【ポケカ初心者・こども向け】Vスタートデッキの「次の遊び方」〜40枚デッキバトル〜|じーぴー|note

デッキ ポケカ v スタート

そうならない為にもボール系カードの枚数を増やして、しっかりポケモンを場に出せるようにしておきましょう。

20
鋼エネがついていればいるほどダメージが出るので、《ターボパッチ》《メタルソーサー》などで一気にエネをつけて攻撃していきたいです。 さらにVスタートデッキ草では強力なサポートカードである「 エリカのおもてなし」が収録されています。
デッキ ポケカ v スタート

エネを多く求めるリスクに対しリターンがやや見合わないポケモン。 また、エネルギーつけかえを使って自分の場のエネルギーをほかのポケモンにつけかえてしまえば、さらに相手を翻弄することができます。 このカードはマルヤクデVMAXやリザードンVMAXなどほぼすべての炎タイプのデッキに採用されているため、持っていて損はありません。

15
悪悪無 あしどめショット 130 次の相手の番、このワザを受けたポケモンは、にげられない。
デッキ ポケカ v スタート

付けたポケモンの逃げるエネルギーを2つ分少なくする効果を持っています。 また、《モスノウ》の特性を使いやすくするため、《たっぷりバケツ》の枚数も増やしています。 今回はその役割として 《ガラルヤドランV》が採用されているようです。

3
その後ポケモンいれかえでベンチに引っ込ませることでメインアタッカーに切り替えるという動きをすることができる。
デッキ ポケカ v スタート

ぜひあなたのイチオシの構築を作ってみてください! まとめ ということで、Vスタートデッキを60枚で遊んである程度たったら 「40枚デッキ」にして遊んでみませんか? という提案でした。

今回は《ドラパルトV》《ドラパルトVMAX》を追加し、少ないエネルギーで使えるコストパフォーマンスの高いワザをひたすら連打していく構成にしてみました。 試して見ましょう。
デッキ ポケカ v スタート

「ポケモンVMAX」に関しては、2020年9月18日発売の拡張パック「仰天のボルテッカー」にて、《ピカチュウVMAX》が収録されます。 ガラル ヤドランVは、特性「はやうちどく」で相手のバトルポケモンを「どく」にしながら、ワザ「あしどめショット」でにげられなくすることができます。 まずは カメックスVです。

20
目次(Contents)• また、同時にトラッシュに水エネルギーをためることもできる。 雷タイプの特徴である素早い展開力を更に伸ばすことが出来るので是非入れてみてください。
デッキ ポケカ v スタート

今回お勧めする《スピード雷エネルギー》は、雷タイプのポケモンにつけた場合、山札からカードを2枚引くことが出来ます。

2
逃げエネは3ということで、ムキムキパッドの恩恵も受けられず、ふうせんでも逃げられないという残念な感じです。
デッキ ポケカ v スタート

《ドラパルトVMAX》に進化すると、『ダイファントム』を使えるようになります。 特性「はやうちどく」で相手を特殊状態「どく」にすることができます。

20
サポートカードもマリィ・博士の研究以外は基本的にあまり強くないため使わない。 バトルを楽しむ上で大事なのが 「ほぼ同じ程度のデッキパワーになっている」ということ。
デッキ ポケカ v スタート

Vスタートデッキをそれぞれ40枚に厳選したら、 サイドを4枚にしてバトルします。 闘タイプはエネルギー加速手段にやや乏しいので、1枚デッキに入れておくことで不意の一撃を与えることが出来ます。 欠点はビートスマッシュの威力が180止まりであり、必要エネが多いこと。

19
その間にも、「どく」のダメージは蓄積していきます。 ただ、Vスタートデッキにその大物カードは1枚だけ。