Mac デリート キー。 Mac版Excelで複数のセルを一度に削除

デリート キー mac

5,480円• ) アクティビティモニタは様々ものが表示されるが、これらのリストに表示される項目は、右クリックして項目を追加することができる。 MacのOS Xは独自のタスクマネージャのようなものがあり、Windowsとは少し違っている。 Windowsのタスクマネージャは情報や機能が多く含まれているが、OS Xの場合は、複数のアプリケーションに分かれて存在している。

15
名前が似ているのでまぎらわしいのですが、Macの【delete】キーはWindowsでは【Backspace】に相当します。
デリート キー mac

しかし、実行中のアプリケーションやシステム全体のリソース使用状況に関する詳細な情報を確認する場合は、 2つ目である別のアプリケーション「 アクティビティモニタ」を使用する必要がある。 Windowsキーボードの一例 Apple Wireless Keyboard 使ったアプリは、Macユーザーならおなじみ「KeyRemap4MacBook」。 deleteキーとの組み合わせでは、一行分まとめて後方の文字を削除する方法もありました。

2
Mac上級者ではありませんので、このあたりはボチボチ身につけるといったところです。 すると「終了」の項目が「強制終了」に変化するので、クリックして強制終了できるようになる。
デリート キー mac

起動方法 Mac上でスタートアップ項目を管理するには、以下の手順でログイン項目を変更する事ができる。 アクティビティモニタで詳細情報を確認する アクティビティモニタ 「アプリケーションの強制終了」ダイアログではアプリを個別に終了することが出来る。

ドック上のアプリアイコン上で「Control」キーを押しながらクリックする。
デリート キー mac

Windowsの「Backspace」キーは、 ひとつ前の文字を消すという操作で使用し、 「Delete」キーは、 ひとつ後の文字を消すときに使います。 これで、MacでもDeleteとBackSpaceの使い分けを実現! この通りです。 「WindowsのようにひとつのキーでDeleteできるようにしたい!!」 そこで役に立つのが KeyRemap4というソフト。

11
「NoEjetDelay」は特に設定はなく、インストールして再起動すれば有効になります。 ここから、システム起動時に自動的にアプリを起動させるかどうかの管理ができていたわけだが、Mac OS Xのアクティビティモニタにはこの項目がないため、別の方法で行う必要がある。
デリート キー mac

だからMacユーザーに口頭で「デリート」と行ったら、カーソルの前の文字を消すことなので、MacユーザーとWindowsユーザー間で文字構成をするときには注意が必要ですね。

8
以上、いかがでしたでしょうか。 いまやメインマシンはMacですが、使用歴の長さゆえ、キー操作はどうしてもWindows風が染みついています。
デリート キー mac

先ほどの今も良く使っているショートカットキーも合わせて使うとますます文字入力がはかどりそうです! [via ]. Macの操作でひとつ後の文字を消す方法 その方法は、 「fn」と表示されたファンクションキーと「delete」キーを同時に押すことです。

18
どうしてもWindows式のdeleteがやりたい人は探してみるといいだろう。 常々、Windowsのようにカーソルの後ろを削除できないのが不便だと思っており、声を大にして文句を言っていたのですが、なんと標準機能で解決できました。