貨物 ちゃんねる ef81。 国鉄EF81形電気機関車

ちゃんねる ef81 貨物

EF81 44・113・114 運用推移 [ ] 国鉄時代 [ ] 設計仕様上は国鉄の電化区間すべてを1両で運用できる本形式ではあるが、国鉄時代は長距離を通しての運用は多くなかった。

JR東日本 - EF81 17・18・55(3両)• 2018年5月29日時点のよりアーカイブ。
ちゃんねる ef81 貨物

万能な交直流電気機関車として生まれ、50年にわたり貨物輸送や寝台列車をけん引し続けてきた。 1975年2月小田原駅にて,EF60の牽く貨物列車 左後方に小田原城。 EF80形は1台車1方式、動力伝達にクイル式を用いるなど機構面で特殊性があった。

5
パンタグラフ断流器が誤作動保護回路装置を内蔵したものに変更され、EF81 47以降は電暖表示灯の電球交換を車体内側から行う方式に改めた。 30号機、33号機、36号機と共に第一線で活躍している。
ちゃんねる ef81 貨物

直流避雷器がLA15Dに変更された。 1994年(平成6年)12月 - 寝台特急「」がから客車化され、全区間(上野 - 青森間)の牽引機として(平成14年)12月の同列車廃止まで充当された。 本形式の総製作数は164両に達し、後述の問題はあったが汎用性の高さもあってまで全機が使用され、現在は列車の廃止や後継形式の導入により徐々に淘汰されつつある。

13
形態区分 [ ] 基本番台(0番台) [ ] 本形式の一般仕様車で、1968年から1979年に152両 EF81 1 - 152 が新製された。 貨物は金太郎しか来ません。
ちゃんねる ef81 貨物

そして 譲渡後の運用先は古巣の常磐線貨物とはならず、既にEF510形が多く活躍する日本海縦貫線となりました 常磐線貨物はEH800形登場で余剰気味になったEH500形が継承。 構造 [ ] ここでは設計当初の仕様について記述し、後年の変更箇所については当該節にて記述する。 JR貨物 - EF81 20・21・24・32・77(5両)• 「晴れ用」の予定は立てたので、「雨用」予定をどうするか検討中です。

15
は揺れ枕を廃止し、構造を簡素化した新形式のDT138形(両端)・DT139形(中間)を採用する。
ちゃんねる ef81 貨物

EF81 42 - 48・61 - 64は前述の理由から長岡運転区に配置され、酒田区の電気機関車用設備の完成後に酒田区に転属している。

16
国鉄原色機同士の重連を見ることができなくなってしまったが、それでもDD51の凛々しい姿を見ることができる。
ちゃんねる ef81 貨物

北海道では長年、寝台列車のけん引で活躍した。 それがEF200だ。 これら更新工事を実施した車両は、車体下部全周または側面中央に白線を表示する。

9
重連運転区間が短いことから重連総括用のジャンパ栓・ホース類は片渡り構造で追加され、運用時には機関車の向きが限定される。