虞 美人 草。 辛弃疾《虞美人·赋虞美人草》阅读答案及赏析

草 虞 美人

坂の尽きた頂きから、淡きうちに限りなき春の色を 漲 ( みな )ぎらしたる 果 ( はて )もなき空を見上げた。 藤尾看见了,觉得甲野等人故意讥讽她,她不能示弱,便不做任何反应。 右よりし左よりして、行く人を両手に 遮 ( さえ )ぎる杉の根は、土を 穿 ( うが )ち石を裂いて深く地磐に食い入るのみか、余る力に、 跳 ( は )ね返して暗き道を、二寸の高さに段々と横切っている。

6
反 ( そり )を打った中折れの茶の 廂 ( ひさし )の下から、深き 眉 ( まゆ )を動かしながら、見上げる頭の上には、 微茫 ( かすか )なる春の空の、底までも 藍 ( あい )を漂わして、吹けば 揺 ( うご )くかと怪しまるるほど柔らかき中に 屹然 ( きつぜん )として、どうする気かと 云 ( い )わぬばかりに 叡山 ( えいざん )が 聳 ( そび )えている。
草 虞 美人

二百の谷々を 埋 ( うず )め、三百の 神輿 ( みこし )を埋め、三千の悪僧を埋めて、なお余りある葉裏に、 三藐三菩提 ( さまくさぼだい )の仏達を埋め尽くして、 森々 ( しんしん )と半空に 聳 ( そび )ゆるは、 伝教大師 ( でんぎょうだいし )以来の杉である。 另一封信表示,今天暂停写《虞美人草》,一生起气来就想咔嚓一下砍掉妻子和女仆的头;不过我必须为此切腹,所以只好暂时忍耐下来。

10
他对东西方的文化均有很高造诣,既是英文学者,又精擅俳句、汉诗和书法。
草 虞 美人

(虞よ、お前をいったいどうしたものか) 歌を何回か繰り返し、これに虞美人も唱和した。 欽吾は甲野家を出る意志を固める。

6
来た時にああそうかと思い当るんだね」 「誰が」 「 小刀細工 ( こがたなざいく )の 好 ( すき )な人間がさ」 山を下りて 近江 ( おうみ )の野に入れば宗近君の世界である。
草 虞 美人

朽草 ( くちくさ )の土となるまで積み 古 ( ふ )るしたる上を、踏めば深靴を隠すほどに踏み答えもなきに、甲野さんはようやくの思で、 蝙蝠傘 ( かわほりがさ )を力に、 天狗 ( てんぐ )の 座 ( ざ )まで、登って行く。 (騅が動かないのをどうしたらいいのだ) 虞や虞や、なんじを如何せん。 通过古典诗词华丽、缥缈的描述,对照着现代文明事物的新奇,读者不仅不会认为日本古典文学比西方文学更加苍白、贫瘠,相反,还会觉得二者同样博大精深,都值得赞扬。

1
因和果仅隔了一层肉体,坟墓此岸的所有纠纷矛盾是多么的滑稽,就像怀着多余的同情把油脂注入枯朽的骸骨中,企图使失去用途的尸体在墓穴中翩然起舞。 当然,小夜子还是来到了东京,小野帮他们找了房子,但是没有很多的交流。
草 虞 美人

裂いて 髄 ( ずい )にいって消えぬほどある。 「沙翁の 描 ( か )いたクレオパトラを見ると一種妙な心持ちになります」 「どんな心持ちに?」 「古い穴の中へ引き込まれて、出る事が出来なくなって、ぼんやりしているうちに、 紫色 ( むらさきいろ )のクレオパトラが眼の前に 鮮 ( あざ )やかに映って来ます。 (年は盛んに光り輝く艶やかな桃と李、髪を結い花をかざし君子と連れ添う。

1
より深く「虞美人草」を理解するための手助けに少しでもなれれば良いと思います。
草 虞 美人

一方、小野に依頼された浅井は井上を訪ね、博士号取得を理由に小夜子との縁談をなかったことにして欲しいと頼み込む。

6
そして小野が連れた小夜子こそが彼の妻となる女性だと紹介する。
草 虞 美人

藤尾への恋慕を抱える小野は義理と人情の板挟みに密かに苦しんでいた。 「え?」と云わせたまま、しばらくは何にも云わぬ。 男の我を忘れて、相手を見守るに引き 反 ( か )えて、女は始めより、わが前に 坐 ( す )われる人の存在を、 膝 ( ひざ )に 開 ( ひら )ける一冊のうちに見失っていたと見える。

12
京都の恩師の娘で清楚な小夜子という許嫁がありながら、藤尾に惹かれる小野。
草 虞 美人

七 小夜子的美梦比性命更鲜明。

二千年の昔から不意に呼び出された影の、 恋々 ( れんれん )と遠のく 後 ( あと )を追うて、小野さんの心は 杳窕 ( ようちょう )の境に 誘 ( いざな )われて、二千年のかなたに引き寄せらるる。 )别称丽春花、赛牡丹、满园春、仙女蒿、虞美人草、舞草。
草 虞 美人

藤尾和她母亲希望达到的效果是在他人眼中,她们不想接受财产,无奈甲野硬是不肯,才勉强接受的。

オクテヴィヤは自分のように 背 ( せい )が高いかの、髪の毛はどんな色だの、顔が丸いかの、声が低いかの、年はいくつだのと、どこまでも使者を 追窮 ( ついきゅう )します。 你要误解就麻烦了。