エフ フォーリア。 JRA横山武史「ベタ惚れ」エフフォーリアはメジロライアンの再来!? 父・横山典弘を作り上げた名馬と、管理する調教師たちの「奇妙な共通点」とは

フォーリア エフ

先週末は16鞍に騎乗し、8勝を挙げる大活躍で、C. ルメール騎手と壮絶な札幌リーディング争いを繰り広げているほど。 今後はオーナーと相談してから決めたいと思います」と語った。 そして、最もエフフォーリアのセールスポイントとなるのが、1週前追い切りでの動きだ。

18
手綱を取った横山武騎手は「調教の動きも良かったし、札幌(新馬戦)の時より馬がパワーアップして成長を感じた。
フォーリア エフ

エピファネイア産駒といえば、初年度から無敗で牝馬2冠を達成したデアリングタクトという大物を輩出した。 昨年の日本ダービーでG1初騎乗を果たし、今春はフローラS(G2)で重賞初制覇。

8
返し馬で気持ちが入りすぎていたし、スローもあって道中で少しひっかかるところもあったけど、それでもよく伸びてくれたし、先々が楽しみ」とパートナーを絶賛した。
フォーリア エフ

デビュー3年目ながら61勝は、堂々の関東リーディング。 自身が常々目標と語る偉大な父・横山典弘騎手も同じようにデビュー3年目で重賞初制覇を飾り、5年目にはG1ジョッキーとなった。

7
そんなオープン馬相手に、デビュー前の2歳馬が先着したのですから、相当期待できそうです。 レースを見届けた鹿戸調教師は「まだ子供っぽいところはあるけど、体が締まってきて、好メンバー相手にいいレースをしてくれた。
フォーリア エフ

「今、一番乗れている若手」と述べても決して過言ではないだろう。 そんな横山武騎手が次に目指すのは、G1勝ちの勲章に違いない。 的中情報 佐藤哲三が28日阪神9Rで3連単9万6540円的中! 僚馬で東スポ杯2歳S3着ジュンブルースカイ(牡)は、朝日杯FS(20日、阪神、GI、芝1600メートル)に参戦。

5
7月には巴賞(OP)を勝利し、函館記念(G3)でも4着に好走しているように、トーラスジェミニはこの夏ノリに乗っている4歳牡馬である。
フォーリア エフ

最終追い切りは軽めの内容でしたが、1週前にあれだけ動いてるので気にする必要はないでしょう。 エフフォーリアが初陣を飾ることが前提だが、もしトーラスジェミニも好走するようなことがあれば、エフフォーリアの評価はうなぎ上りになること間違いなし。 1週前追い切りで驚異の動きを見せた2歳馬がついにデビューする。

3
デビュー2連勝を飾ったエフフォーリア 8日の東京競馬9R・百日草特別(2歳1勝クラス、芝2000メートル)は、中団から運んだ2番人気のエフフォーリア(牡・鹿戸厩舎)が直線で力強く抜け出し、新馬戦に続く連勝を飾った。
フォーリア エフ

だが、今年の2歳戦で初勝利を挙げたのは30戦目と、かなりの苦戦を強いられていた。

4倍の人気に応えた。
フォーリア エフ

23日、札幌5Rの新馬戦に エフフォーリア(牡2歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が出走を予定している。

5
ルメール騎手と熾烈な争いを繰り広げている横山武騎手。
フォーリア エフ

トーラスジェミニにとっても、札幌記念の1週前追い切りなので、決して軽めの調整というわけではありませんでした。 5Rの新馬戦をチェックすれば、札幌記念をより楽しむことができるかもしれない。 レース後に横山武騎手が『これまでは調教では良い所しか見えなかったけど、実戦で課題も見つかった』と話していた通り、まだ粗削りな部分もありますが鹿戸(雄一)調教師も『八分くらいのデキ』と言っていましたし、騎手も『その分、成長する余地がある』とかなり高い評価を与えていましたよ」(競馬記者) 今夏、函館リーディングを獲得し、札幌に舞台を移してもリーディングジョッキーのC. 11月28日東京の新馬戦(ダ1600メートル)を勝ったビーカレイジャス(美・手塚、牡)は、黒竹賞(1月9日、中山、1勝クラス、ダ1800メートル)。

しかし、8月に入ってからは一転して絶好調。