所得税 基本 通達 59 6。 会社の売却・・・非上場株式の「所得税法上の時価」による評価

通達 59 6 所得税 基本

(4)(1)から(3)までに掲げる場合以外の場合 次に掲げる区分に応じ、それぞれ次に掲げる価額とする。 国税庁の回答担当者は、上記裁決や裁判例の内容も読んだうえでこれまでの取扱いと異なる今回の回答をしたのかのかな?とかなり疑心暗鬼になっています。

18
一 贈与(法人に対するものに限る。
通達 59 6 所得税 基本

これは、非上場会社の株式を個人株主が法人に譲渡した際の所得税法上の時価算定方法について争われた事案に係る2020年3月24日付の最高裁判所判決を受け、不明確であったこれまでの取扱いの明確化を図るために見直しが行われたものです。 贈与等された非上場株式につき、59-6の後段により評価通達に準じて所得税法59条1項の時価を算定する際、188の 2 ~ 4 だけ取得者ベースで判定を行う合理的理由はありません。

いよいよ登場したのですね。
通達 59 6 所得税 基本

本来は100万円の有価証券を160万円で高く買ってあげました。 つまり、その個人は時価相当の対価を収受しないにもかかわらず、時価でその資産の譲渡をしたものとして譲渡所得等が計算されます。

16
純然たる第三者間は、当事者間の合意価額でOKです。 なお、本件通達の趣旨に鑑みると、御意見のとおり評価することになると考えます。
通達 59 6 所得税 基本

所得税法基本通達59-3 同族会社等に対する低額譲渡 そして、譲渡価額によって次の3つの取引に分けて考えます。 A社株式の売買価額を、原則的評価方式で評価するのか配当還元方式で評価するのかが問題になります。 通達9-1-4が法人が保有する非上場株式について事業年度終了時に評価減を行う場合の規定のため、「事業年度終了時」となっていますが、株式の譲渡の場合には、「事業年度終了時」は「株式譲渡時」に読み替えることになります。

1
ですから、以前に取引関係があった、資本関係があった、役員がお互い出入りしている、といった関係では、純然たる第三者ではないと判定される可能性があるので、気をつけましょう。
通達 59 6 所得税 基本

・御意見については、本件通達の(2)の文理上明らかであるため、通達の見直しの必要はないものと考えます。 対して買主ですが、 「現預金100万円/有価証券100万円」 となるだけです。 )において、当該株式を譲渡又は贈与した個人が当該譲渡又は贈与直前に当該株式の発行会社にとっての(2)に定める「中心的な同族株主」に該当するときは、当該発行会社は常にに定める「小会社」に該当するものとしてその例によること。

帳簿価額10万円の株式を160万円で売った訳ですから、差額の150万円の利益(有価証券売却益)が計上されるだけです。 ただし、納税義務者の選択により1株当たりの純資産価額で評価できます。
通達 59 6 所得税 基本

なお、限定承認とは、相続人が相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務および遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をするというものです(民法922条)。 <改正前> 59-6法第 59条第1項の規定の適用に当たって、譲渡所得の基因となる資産が株式(株主又は投資主となる権利、株式の割当てを受ける権利、新株予約権(新投資口予約権を含む。

1
この場合、23~35共-9の 4 ニに定める「1株又は1口当たりの純資産価額等を参酌して通常取引されると認められる価額」とは、原則として、次によることを条件に、昭和39年4月25日付直資56・直審(資)17「財産評価基本通達」(法令解釈通達)の178から189-7まで 取引相場のない株式の評価 の例により算定した価額とする。 取扱い,変わっているじゃないかと。
通達 59 6 所得税 基本

情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律• )若しくは遺贈(法人に対するもの及び個人に対する包括遺贈のうち限定承認に係るものに限る。

2
この譲渡所得の収入金額が、相続開始時の時価とみなされるのです。 株式の評価損について規定しているんですが、通達の権威ある次のような解説集で、国税OBの税理士先生方が「これは売買にも準用しても良いと考える」的なことをおっしゃって、実務ではそのように動いているわけです。
通達 59 6 所得税 基本

「財産評価基本通達179の例により算定」しない場合とは、通達178の但書に求められそうです。 以下この項において「権利行使日等」という。

ケース別に考えてみましょう。
通達 59 6 所得税 基本

ただし、相続等の場合には「取得後」の株主構成によって同族株主や中心的な同族株主等に該当するかを判定し、原則的評価方式か配当還元方式のいずれで評価するかを判断することとされていますが、所得税法においては「株式を譲渡又は贈与した個人」が「株式の譲渡又は贈与直前」において有する株式で評価方法を判定することが明確化されました。 この疑問の結論は、188の 2 ~ 4 の株主に該当するか否かの判定も、譲渡者ベースで判定を行うということです。

というのも、財産評価基本通達をベースに評価することになっているからです。