所有 格 関係 代名詞。 イラストでわかりやすく解説!英語の関係代名詞の使い方まとめ

関係 所有 代名詞 格

を説明として使い、重複部分 の部分を削ります。 The house the roof of which is red was built two years ago. どちらも代名詞だからです。 なので、中1の内容から 説明します。

16
【目的格】 ・人間の場合…whomとthat ・人間以外の場合…whichとthat a manを代名詞himで表して、 I saw him in the park. 次に、whomを文の先頭に移動します。
関係 所有 代名詞 格

(メイは、去年私が会った友達の1人です。

The man whose arms is very tick is a wrestler. 「of which」は物・事・動物の場合に用いる関係代名詞の所有格ですが、代わりに whose を用いる場合も多いです。
関係 所有 代名詞 格

=〔私が公園で見かけた男の人〕がそこを歩いています。 I want you to meet a girl whose dream is to study in the United States. 目的格の見分け方 主格の後ろには動詞がきていましたが、 目的格の関係代名詞の後ろにはがきます。

のように、「目的格」の関係代名詞が抜けて見える、 同じ意味の別パターンの文も存在し、会話では これがよく使われます。
関係 所有 代名詞 格

それぞれは文法的に正しく、そのまま発言してもなんら問題はない。 thatを使わず文を二つに分けたり、全体の構造を変えたりすれば、より良い文になるのではないかと感じました。

3
They had a meeting the purpose of which was completely unclear. 4 This is the first e-book which I bought. 例えば、関係詞節(主格)は文の主語(A1)と動詞の目的語(A2)のどちらにも出現する。 関係代名詞よりも先行する場所にあるからです。
関係 所有 代名詞 格

6 That is the house whose door is always open. 関係代名詞を復元すると次のようになる。

8
who や whom、 which などの関係代名詞のように使い分けることをしません。
関係 所有 代名詞 格

私には7つの異なる言語を話す友達がいます 元の文にあった she(彼女)が関係代名詞 whoに変わり、 friendと接続して文が結合した。 今まで見てきた関係代名詞はwhoもwhichもすべて thatにできます。

20
になります。 heがlivesの主語で、主格の代名詞なのと同じように、 上のwhoもlivesの主語で、主格の関係代名詞です。
関係 所有 代名詞 格

3、複合関係代名詞について 語尾にeverが付く場合は会話で使用されることが多いのにはとても賛成です。

16
2つの文を繋ぐと日本語は、 「私達は、父親が芸術家をしている 少女を知っています。 関係代名詞の所有格は比較的理解しやすいと思います。