アンティ シ ペイト。 JRA武豊3冠最終戦「門前払い」菊花賞(G1)アンティシペイト無念の除外!! 負の連鎖“脱却はキセキの天皇賞・秋(G1)に保留

ペイト アンティ シ

その場所にあったのお墓はなくなっていて、引き継いだ牧場の敷地となっていました。 【B】 栗東坂路単走。 ただ、そんな無敗の二冠馬以上に落胆しているであろう陣営がいる。

9
デビューはかなり遅れてしまうものと思われます。 それでは恒例の全頭診断へ。
ペイト アンティ シ

要らない。 世界最高峰の1戦は波乱の決着を迎えた。 ただし、前回の中間内容と比較して、良い意味での大きな変化が見受けられないのも事実。

13
持ち前のしぶとさを生かせるようなら、面白い存在になるかもしれない。 鞍上のゲキに応えるべく、懸命に脚を伸ばそうとする姿は好感が持てるが……。
ペイト アンティ シ

その1点に尽きよう。 これまでは最高のお手本として後輩に好影響を与えてきたが、いよいよ本番。 このコラムからの推奨馬は、、、、、の6頭を挙げておきます。

7
最後は筒一杯になりながらも、前を行く僚馬をゴール前で捕らえて先着。 アンティシペイト 57. デムーロ騎手の5番人気ソットサスが優勝。
ペイト アンティ シ

【B】 栗東CW併走。

5
アタマの位置が安定せず、推進力が上に逃げる完歩も見られ、相手に合わせて走ったとは言え、ラスト1Fで0. これには一部の競馬ファンからもSNSや掲示板を通じて、「幻の秋華賞馬」、「秋華賞に出てても楽勝だったかも」などの声が挙がっており、その強さに秋華賞での「非当選」が悔やまれた。
ペイト アンティ シ

3番人気想定 :4月の未勝利勝ちから怒涛の4連勝で記念も逃げ切ってみせた。 【B】 栗東坂路単走。

13
そして何よりも、昨年のワールドプレミアを含め、歴代最多の菊花賞5勝を誇る武豊騎手の存在は大きい。 。
ペイト アンティ シ

前走後「まだまだ良くなりそう」とアンティシペイトに小さくはない手応えを感じており、大本命が予想されるコントレイルにとっても不気味なコンビとなるに違いないだろう。 今度こそ、が歴史的快挙を実現する。 大きな上積みまではどうかも、及第点のデキにはありそうだ。

の眠る優駿スタリオンステーションから、今はなきの過ごした日高スタリオンステーションのあった場所を目指し車を走らせました。
ペイト アンティ シ

追走先着を果たしたが、肩にステッキを数発入れていたように、馬自身が自発的にハミをとらないのは気になるところ。

17
<全頭診断> 1番人気想定 :2歳王者にして、とダービーを制覇、そして前哨戦のも圧勝で、無敗での三冠に王手のかかった一戦。
ペイト アンティ シ

道中の進みは悪くなかったが、手前の切り替えに手間取り、しまいにかけてペースダウン。

6
まだ身体が重く感じるも、アタマを低く保ちパワフルに動けている。 なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。
ペイト アンティ シ

直線向いて中の相手は1馬身前。

19
「そして極めつけは凱旋門賞(仏G1)です。