タマ 帰っ て おいで。 【横尾忠則の画集「タマ、帰っておいで」発売2週間で重版決定!】

て おいで 帰っ タマ

その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロ、バングラデシュなど各国のビエンナーレに出品し、ステデリック美術館(アムステルダム)、カルティエ財団現代美術館(パリ)、ロシア国立東洋美術館(モスクワ)など世界各国の美術館で個展を開催。

7
(講談社 2200円+税)• (2020年12月08日 14時16分現在) 通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。 その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロ、バングラデシュなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。
て おいで 帰っ タマ

愛猫「タマ」が亡くなったその日から、魂を鎮めるために描いたタマの絵、その数なんと91点。 1980年にニューヨーク近代美術館のピカソ展で啓示を受けてから以後は、創作活動の重点を絵画制作へと移し、今日まで質量共に驚異的な絵画作品を生み出し続けています。

15
「それこそアートじゃない!」〉……こんなふうに、猫好き、アート好きの人が心動かされるエピソードが日記としてつづられていますね。 これから出る本をさがす• 稀代の美術家であり、愛猫家である横尾忠則が、6年の歳月にわたり亡きタマへ捧げたレクイエムに、どうぞご期待ください。
て おいで 帰っ タマ

DVD• 」勉誠出版2007年7月10日、「ツイッター、その 雑念のゴミばこ」角川書店2011年9月1日、『文學界』2015年1月号文藝春秋、「横尾忠則 千夜一夜日記」日本経済新聞出版社2016年6月15日、これら初出作品の一部を抜粋、加筆修正したもの。 また、まるで自身の内側に森羅万象があって、画家はその源泉に筆を浸すだけでこの世界の秘密を描き取ることができるかのように、それらの絵は無尽蔵の鉱脈を想起させる様々な意味や謎を内包しています。 フェア• 2013年、香川県豊島に豊島横尾館開館。

タマは15年前、横尾家の庭に現れた何匹かの捨て猫の一匹で、彼女だけが自ら人間に飼われることを選び、家の中に入ってきた。
て おいで 帰っ タマ

本書は横尾忠則さんが描いた愛猫タマの絵だけを集めた画集。

4
今度は大きいキャンバスにドカンとね。 2012年神戸に横尾忠則現代美術館、2013年香川県に豊島横尾館を開館。
て おいで 帰っ タマ

「この絵はアートではない。

5
本書は、横尾忠則さんの愛猫「タマ」の絵91点だけで構成された、異色の画集。
て おいで 帰っ タマ

『タマ、帰っておいで』は、そのタマの絵91点と、 日々の想いが綴られています。 出版社内容情報 「この絵はアートではない。 フェア• ずっと、横尾さんとその家族の癒しとなり心の支えとなってきた猫です。

7
そして、この本には横尾が折々に綴ったタマに関する文章や日記が多数掲載されています。
て おいで 帰っ タマ

「君が君の人生を終えてこちらに来る日までは待ってあげるから、安心したまえ」 「私は君が考えている以上に成仏しています。 2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。 72年にニューヨーク近代美術館で個展。

10
西村画廊の方が、そう語ってくれました。 以来、横尾家で自由気ままに暮らしていた。
て おいで 帰っ タマ

2012年、神戸市に横尾忠則現代美術館開館。 編集を担当した講談社の新井公之さんに企画背景をうかがいました。

13
「生まれ変わったら、また一緒の家族になろう」という「弔辞」とともに始まり、膝に座ったり、箱に入ったり、桜の花びらの上を歩いたり、生き生きしたタマの姿を描いた 91点が収められている。
て おいで 帰っ タマ

当初どこにも公開される予定はなかったいうこれらの作品だが、タマの七回忌を迎えることをきっかけに、横尾さんは画集として出版することを決意。

10
タマは15年前、横尾家の庭に現れた何匹かの捨て猫の一匹で、彼女だけが自ら人間に飼われることを選び、家の中に入ってきた。