新幹線 往復 割引 期間。 新幹線往復割引が使える時期|年末年始・GW・お盆は?

割引 新幹線 期間 往復

電車の経路を調べるときは乗り換え案内サービスを使うと思いますが、これで調べることができます。 「えきねっと」でも大人の休日倶楽部割引で購入できますし、「大人の休日倶楽部パス」の指定席予約も可能です。 たとえば、東京~新大阪間を乗車する場合は、14,720円かかりますが、このうち5,810円は特急料金で、乗車券の代金は8,910円です。

9
東京往復割引きっぷ• 往復割引との併用も可能なきっぷですが、新横浜ー大阪間では往復割引はききません。 割引額としてはそれほど大きくはありませんので、他の割引きっぷが使える場合は、それと比較するとよいでしょう。
割引 新幹線 期間 往復

年会費は「ミドル」が2,624円、「ジパング」が個人4,364円、夫婦7,458円です。 新幹線の乗り継ぎ割引とは、新幹線と在来線の特急・急行列車を乗り継ぐと、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になる制度です。

往復割引と障害者割引の併用はできない 身体障がい者および知的障がい者は障害者割引が利用できます。
割引 新幹線 期間 往復

片道601km以上の区間で往復割引が適用 JRの往復割引は、その区間の片道の営業キロが601km以上の場合に適用されます。 4~20回目:30%割引 割引条件• 往復割引との併用も可能なきっぷですが、新横浜ー大阪間では往復割引はききません。

5
このうち、東京近郊区間は思いのほか範囲が広いので注意が必要です。 窓口は混雑する場合がありますので、早めに駅に到着するようにしてください。
割引 新幹線 期間 往復

事前申込サービスに多数の申込があった場合、発売開始日の10時時点で満席となる場合があります。

18
登録が必要です。
割引 新幹線 期間 往復

列車・席数・区間には制限があります。 新幹線に自由席がある場合は、自由席を利用すれば、そこそこお得になります。 利用できるのは「こだま」号に限定されますが、利用できる時間帯の制約が少なく、前日まで購入可能で、座席も取りやすいという長所があります。

1
帰りは帰りで特急券を購入して新幹線に乗る。 2)のきっぷは、運賃が通常11,660円、特急料金が通常7,420円で合計19,080円(往復38,160円)ですが、往復割引を受けると運賃が片道10,490円、e特急券を購入すると特急料金が片道6,000円で合計16,490円(往復32,980円)になります。
割引 新幹線 期間 往復

乗り換え案内サイトなどでは、多くの場合、片道の料金しか表示してくれません。 ちなみに、特急券の有効期間は当日のみです。 下記の「ぷらっとこだま」のグリーン車プランよりも安いです。

8
特急券の有効期間 特急券の有効期間は、当日限り(1日)です。
割引 新幹線 期間 往復

3kmに設定されています。

8
回数券• そのため、新幹線経由の乗車券を買っておいて、全区間在来線に乗っても全く問題ありません。 「EX早特」同様、出発日の3日前までが購入条件です。
割引 新幹線 期間 往復

乗り継ぎ割引• 無料のスマートEXはそこまで割引率は大きくありませんが、区間によってはEX早特なども利用できるので、会員登録しておいて損することはありません。 お得な往復割引切符の場合は? 新幹線の往復割引切符には、新幹線福岡割引きっぷ、新幹線大阪割引きっぷなど、お得な往復割引切符があります。

9
当然、他の時期より料金は若干高いですが、年末年始・GW・お盆の期間中でも 往復割引より安いです。 発売開始日(乗車日1ヵ月前)の7日前から予約の事前申込ができる「事前申込サービス」もございます。
割引 新幹線 期間 往復

5キロが適用され、601キロを満たしません。 身体障害者手帳または療育手帳の記載が「第2種」の場合は本人のみ、「第1種」の場合は同伴の介護者も割引になります。 9kmで、601km以上ありますから往復割引の対象となります。

7
JR東日本・北海道全線が新幹線を含めて乗り放題というパスは、非会員では手に入らないので魅力的です。 使用開始後であっても、有効期間内で未使用区間が101km以上あれば、手数料を支払って払い戻せます。