柴犬 らら。 柴犬にありがちな性格傾向。洋犬とは違う接し方4つのポイント

らら 柴犬

【性質の活かし方】集中できる環境、時間で行う トレーニングや遊びなどは、犬が集中できる場所や状況、時間内で行うことが大切。 気持ちを込めて、言葉でほめることも大切。 性質をふまえたトレーニングが必要だ。

新着の動画• 撫でてほめたいなら、触られる練習が必要(専門家に頼むと安心)。 子犬の頃から少しずつ、楽しい思いをしながら変化をつけていくと、変化に対応する力がつき許容範囲の広い犬に育つ。
らら 柴犬

これは飼い主が集中してほしいと思う、目の前にあることよりも、周りの状況のほうが気になって集中力がさらに落ちてしまうため。 では「柴犬はキレやすい」というのはどうだろうか?繊細な性質である上に、柴犬はじっと我慢しがちな傾向もある。 さまざまなオモチャ&遊び方を一緒に楽しみ、犬がどんなオモチャでどう遊ぶのが好きかをチェック。

4
犬と適度な距離感でつき合いたい人にも向いている犬種だ。
らら 柴犬

関連記事: 柴犬ならではの相談ごと 1. そこを理解して、トレーニング時間を短く区切ったり、犬のモチベーションを上げるごほうびを用意する、周りの環境に犬の気が散る原因がないかを見直すなど、配慮してあげることでトレーニングの進みが早くなることもある。 新しいオモチャは、犬が受け入れるまでは目のつく場所に置いておき、慣れたら一緒に遊ぶようにしよう。 細かいことは気にせず、誰にでも愛想がよく、多少ラフに扱っても大丈夫な印象。

7
もっと愛犬と仲良くなるために。 周りの環境が変わると、ただでさえ繊細な柴犬はより敏感になる。
らら 柴犬

中で拭きたいなら最初は扉を開け、犬が慣れたら閉める等段階を踏む。 ちゃんと集中できてる?見極めのポイント トレーニングや遊びの最中、オヤツを出しても寄ってこなくなったり、床のにおいを嗅ぐようになったら、犬の集中力が途切れた証拠。 愛犬をよく観察して接することは、どんな犬種に対しても必要だが、柴犬には特にその意識がいるようだ。

8
柴犬は、繊細な神経を持っているので、 犬の反応を見ながら丁寧に接することが必要だ。
らら 柴犬

地面のにおいを嗅いでばかりいる 散歩中、地面のにおいを嗅ぎたがる柴犬は多い。 【性質の活かし方】変えるならじわじわと 新しいオヤツは与えるタイミングや環境を変えながら繰り返し与えることが必要。

トレーニングは犬のモチベーションを損なわないよう、成功しているうちにやめるのが基本。 いつもの自宅や公園でも、知らない人や犬がいれば、犬にとっては環境の変化となる。
らら 柴犬

犬が好むコミュニケーションを研究して。

10
プードルなど飲み込みの早い犬種と比べず、犬の成長に応じて取り組もう。 何事も無理に続けようとせず、犬の集中に合わせて行うこと。
らら 柴犬

犬が心地よいと感じる触り方や、タイミングを考えてスキンシップを図ろう。 ものを守らない犬なら、口遊び用に、安全なオモチャを与えてもよい。

環境の変化に弱いという話にもつながるが、 新しいものにも警戒する柴犬は多い。