ポケモン go アルロ 対策。 10月のアルロ対策でおすすめのポケモンの組み合わせは?

Go 対策 ポケモン アルロ

「でんき」は弱点となりますが 耐久ステータスが高い「カイオーガ」「ミロカロス」も活躍できます。

弱点がほのお技しかないため、連戦でハッサムを出しても通用します。
Go 対策 ポケモン アルロ

「サメハダー・ヘルガー・ダーテング対策」は「あく」技が非常に強力なため、タイプ耐性があり弱点を突くことができる「かくとう」ポケモンがおすすめです。 ロケット団下っ端バトルに沢山挑戦してロケットレーダーを入手しましょう。 クヌギダマにシールドを使わせると、アルロの2匹目と3匹目の攻略がしやすいため、SP技の回転率が高いポケモンを採用しましょう。

17
アルロの使用ポケモンと弱点は? アルロの使用ポケモンは以下の通り。
Go 対策 ポケモン アルロ

ハガネールとリザードンは弱点が みずタイプの技です。 カイオーガのスペシャルアタックは2ゲージ! 10月のアルロ対策に使うカイオーガの スペシャルアタックは、 もちろん2ゲージのなみのり。 弱点を突くことができる 強力な「でんき」ポケモンも活躍できますが、「ワイルドボルト」は防御が2段階ダウンしてしまうため、できるだけゲージを溜めてからの連発がおすすめです。

9
ゲージを溜めるのが早いので、1匹目の「 ストライク」にぶつけるのが特にオススメ。 「カイリュー」と「ボーマンダ」はタイプ耐性が優秀な 「メルメタル」や、2重弱点となる 「こおり」技アタッカーの「マンムー」「グレイシア」が活躍します。
Go 対策 ポケモン アルロ

2体目に 「カイリキー」が出てきてノーマルアタック(技1)が「カウンター」だった場合は非常に脅威です。 伝説ポケモンなので育成コストはかかりますが、育成する価値はあるので、最低でも1匹は育成しておきましょう。 耐久が高く、アメの入手難易度も低いため、 バンギラスの育成が済んでいない方の選択肢として有能と言えます。

1
相手のシールドを早く使わせる アルロはこちらのゲージ技をシールドで防いでくる。 入手できるシャドウポケモン 対策のポイント 1体目の「スリープ」と「ナッシー」「フーディン」は共通の弱点となる 「むし」あるいは「あく」タイプのポケモンで攻めます。
Go 対策 ポケモン アルロ

技の回転率が速い「ハッサム」や「マニューラ」、ステータスの高い「ダークライ」がおすすめです。 ただし、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 ギャラドス• ボーマンダ タイプ 通常わざ スペシャルわざ. メルメタル ・有利に戦えるポケモン• ジムバトルやレイドバトルのように攻撃性能優先の選び方ではなく、 防御・HP種族値も高く、相手の攻撃技のタイプに耐性があるポケモンを選びましょう。

12
ストライク• 後続のポケモンによっては連戦で倒すことができます。
Go 対策 ポケモン アルロ

タイプ耐性と耐久力を優先に選ぶ これは「GOロケット団したっぱ」とのバトルにも通じることですが、 「相手の弱点を突く」よりも「 相手からのダメージをどれだけ抑えることができるか」でポケモンを選出します。

育成している方は是非採用しましょう。 場合によってはその出してくるポケモンによってこちらの出す対策ポケモンも変わります。
Go 対策 ポケモン アルロ

これを早めに、 できれば自分よりも早く「シールド」を全部使わせます。 【3】ロケットレーダーを装備してロケット団リーダーを探す ロケットレーダーを装備すると、マップ上でロケット団リーダーが潜伏するポケストップを特定することができます。

20
ロケットリーダーの対策ポケモン リーダーの使用ポケモンが未判明の際に効率よくダメージを与えられる可能性の高いポケモンを選出しています。
Go 対策 ポケモン アルロ

アルロが1匹目に出してくる「クヌギダマ」は、むしタイプなので ほのお、いわ、ひこうタイプによる対策がおすすめです。 赤いタマゴが1個、 そして、 すごいキズぐすりが4個でした。

14
タイプ相性に合わせてポケモンを変えよう 相手は攻撃も防御も高いので、 効果ばつぐんのわざを中心に高火力で攻めることが重要です。 アメの入手難易度も低い点も魅力的です。