自治体 セキュリティ クラウド。 【2020年度版】自治体情報セキュリティ対策3つのポイント

クラウド 自治体 セキュリティ

3.協業内容 (1)概要 「地域創生クラウド」構想の実現に向けた第一歩として、自治体向けクラウドサービス基盤を導入するにあたり、日本マイクロソフトの先進性の高いクラウド技術と自治体への支援プログラムをフル活用し、自治体システムに親和性の高いハイブリッドクラウドを提供いたします。

8
これに対し、本協業を進めるにあたり、これまで地方自治体の保有するハードウェア環境で各種アプリケーションを提供してきた地域のパートナー企業各社にも積極的な参加、協力を呼び掛けてまいります。
クラウド 自治体 セキュリティ

1 とりまとめの位置付け ・検討会において、自治体情報セキュリティ対策の見直しに係る具体的施策をとりまとめたもの ・総務省に対して、次期自治体情報セキュリティクラウドの在り方についての自治体への助言や、「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の改定などを提言 2 具体的施策 自治体の効率性・利便性の向上とセキュリティ確保の両立を図る観点から以下を実施 1. 安定的かつきめ細やかな運用 自治体アプリケーションについては、ネットワーク、クラウド基盤、アプリケーションを含めて、すべてが安定的に運用されることが求められ、故障時の切り分け、復旧などを含めた、トータルかつきめ細やかな対応が求められます。 EDRについては、で詳しくご説明しておりますので、そちらも併せてご確認ください。 (設立:1988年2月、売上高:1,451億80百万円〔2016年3月期連結〕) 詳細は をご覧ください。

1
新着情報• なお、アクセスの記録とは端末操作の記録及びサーバ等のアクセス先の情報資源に対する操作の記録双方を指す。
クラウド 自治体 セキュリティ

ネットワンシステムズの「福岡県自治体情報セキュリティクラウド」の受注は総合評価一般競争入札によって決定され、導入実績・技術・運用体制の評価に加えて、提案内容におけるセキュリティ技術・クラウド技術・ネットワーク技術それぞれが高く評価されました。 FFR Yarai Zerona 4 WEB閲覧、メール文、添付については細心の注意を行うこと。

14
2020年09月16日 2020年5月に、総務省より「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」の公表がありました。 一般的にBtoGの場合は融通が効くことや導入後の保守等が重視される傾向にあります。
クラウド 自治体 セキュリティ

(LGWAN環境とインターネット環境を分割して、無害化したメール通信のみを許可する) SDN 6 外部との接続 1 LGWAN-ASP(LGWANメール含む)など特定通信限定とすること。

6
また、話は逸れますが自治体慣れしていない業者はいくら合理的で良い提案であってもそもそも相手にされません。 併せて、端末等からのマルウエア感染を防ぐ入口対策にも十分留意すること。
クラウド 自治体 セキュリティ

標的型攻撃とは、 重要情報に関係する限定的な人物に対して、送信者を詐称したメールなどを送り、未知のマルウェアを使用して情報を窃取する攻撃です。 何があっても県の責任となり、自分の自治体だけ検討外れのソリューションを導入してしまった、といった事にはなりません。 どの自治体に行っても既存業者が絶大な力を持っています。

(徹底分離) SDN 2 外部との接続 1 個人番号利用事務ネットワーク以外との通信は、アクセスしても安全と認められる特定通信限定とする。 ネットワーク分離においては、高い安全性と利便性を両立させることが重要となります。
クラウド 自治体 セキュリティ

これは何も癒着があっての事ではなく、業者を変える事の失敗を恐れている為です。

3
送信の際には「@」を「 」に置き換えてください。
クラウド 自治体 セキュリティ

NeoFaceMonitor 指ハイブリッド認証 SmartOnID InfoCage PCセキュリティ 3 アクセスの記録を残して不正な利用を発見できること。

専用端末 Windows RDS 2 ID、パスワードの他に認証方法を導入し二要素認証とすることが望ましい。
クラウド 自治体 セキュリティ

- 3 端末 1 個人番号利用事務に関わる各業務の専用端末とし、業務毎に端末を設置すること。 を平成31年4月現在に更新しました。

3
1.自治体とのパイプができる 自治体はなかなか新規業者が参入できないフィールドとなっています。 ネットワーク分離の詳細や課題の解決については、で詳しくご説明しておりますので、そちらも併せてご確認ください。
クラウド 自治体 セキュリティ

NTTテクノクロスでは、自治体情報セキュリティ対策への対応として、日本リージョンを指定できるEDR、CDNを搭載したWAF、ネットワーク分離環境下でのデータ受け渡しソリューションをご用意しております。

15
株式会社ケーケーシー情報システム (本社:京都府京都市上京区千本通元誓願寺上る南辻町369番地の3)• 地方公共団体におけるクラウド導入に係るロードマップ• 専用端末 Windows RDS 2 アクセスの記録を残して不正な利用を発見できること。 大阪府の自治体情報セキュリティクラウド(以下SC)の構築を15万円で落札したといったニュースが飛びかいました。