白毫 寺 奈良。 【奈良】閻魔王とその一族を祀る「白毫寺」の御朱印

寺 奈良 白毫

大きく結ったまげは、力強く同時に端正である。

梵字 ( ぼんじ )が彫られている 二層に連なる垂木が美しい 鬼瓦は天狗の様な鼻を持っているのが、興味深かったです。
寺 奈良 白毫

文化財-見る者を圧倒する「閻魔さま」など多数所蔵 白毫寺には国宝こそないものの、 多数の重要文化財の仏像が安置されています。 その後室町時代の兵火によって焼失し、寛永年間(1624年~1643年)頃に興福寺(こうふくじ)の僧・空慶が復興し、五色椿が興福寺の塔頭・喜多院(きたいん)からが移されてきたとも言われています。 えんまもうで• ちなみに、藤田伝三郎とは明治時代の実業家で、集めた美術品などは大阪市都島区にある「藤田美術館」に展示されています。

18
ただ、2002年3月19日に山火事があり、残念ながら多宝塔は全焼しました。 蘇我氏などの飛鳥の豪族がいる場所から、難波宮に遷都(645年)。
寺 奈良 白毫

なお白毫寺は本尊・阿弥陀如来(重要文化財)を安置しています。

12
かつては彩色、切金がさぞや美しかったであろうと思われる。 興正菩薩とは西大寺流律宗・叡尊の諡(おくりな)である。
寺 奈良 白毫

「本堂」 御本尊: 阿弥陀如来坐像・勢至菩薩・観音菩薩 ほかを安置します。

20
寝殿造の本堂周辺が、萩を見るのにオススメの場所。 そのため、強くオススメ出来ないのが難点です。
寺 奈良 白毫

像高約140センチと半丈六の坐像で、オーソドックスな姿。 ただ、拝観料金がかなり値上がりしました。 この像が伝えられていることは、この寺が鎌倉期に叡尊を中心とする西大寺流の律宗によって再興された歴史による。

14
ただし、西大寺の像は像高90センチあまりで、背筋、首筋がしゃんと伸びた気迫ある造形であるのに対して、白毫寺の像は70センチあまりとひと回り小さく、顔をやや斜め下に向け、物を思うような表情である。 白毫寺の東には標高400メートルの高円山があるが、その南麓にかつて岩淵寺というお寺が栄えたという。
寺 奈良 白毫

木造地蔵菩薩立像 鎌倉時代後期に造られた地蔵菩薩像の秀作で、施された彩色も鮮やかに残っている。 石仏の道周辺 本堂の東側には、「石仏の道」と呼ばれる多数の石仏が並べられた小路が伸びています。

14
彩色も鮮やかで、本当に見事ですので、ぜひじっくりとご覧ください。 拝観料 500円 お寺やいわれなど 白毫寺は古代草創というが、その起こりは残念ながらよくわかっていない。