ポール デルヴォー。 【作品解説】ポール・デルヴォー「ジュール・ベルヌへのオマージュ」

デルヴォー ポール

ただ、後に通じる要素もあり、後年の絵に良く登場する汽車は、すでにこの時期にも描かれています。 その一年前、東京国立近代美術館でマグリット展やルドン展を見ていて幻想絵画の延長として、楽しみにしていました。

同じあの満月の光に照らされている情景を。
デルヴォー ポール

その海と空とで表されている「向こう」が「夢の世界」であり「あの世」です。 そして 裸体で描かれていることがしばしばです。 ですが、この作品が制作されたのは年。

10
近代絵画でしばしば描かれる汽車。
デルヴォー ポール

三重県• 作品名: 画 家: 美術館:/、 , , 冒頭に「徘徊する」と書きましたが、果たして、そうなのでしょうか。 美しさの誉れ高い2度目の妻イザベッラの肖像画も沢山残している。 1930年代半ばに ジョルジョ・キリコの絵を見てシュルレアリスムに目覚めた点では共通していますが しかし その後二人は全く違った道を歩みます。

東京都• (すでに見てきたように 一人の「私」ではなくて 誰にとってもの「私」です。
デルヴォー ポール

画家が視力を失うということは音楽家が聴力を失うことと同じように悲劇的である。

1
そういったものの象徴が鉄道なのです。 (それに反応して 特定の人たちが惹かれることはありますが。
デルヴォー ポール

これらは印象派と同時代のもので、フランス美術の影響を強く受けています。 ) その左側の女性は 「私」の守護霊です。

12
7月27日(日)にはナイトミュージアムとして、ベルギーの名ヴァイオリニスト、ウジェーヌ・イザイが作曲した作品を演奏する「弦楽四重奏コンサート」(有料)も開催。
デルヴォー ポール

「線路の上を走る」=「通るべきところが決まっている」ものです。

13
カタログを読むと、1927年にポール・ギヨームが聾にてキリコの絵をみたのが「沈黙と不在の詩」「出発点」だという。
デルヴォー ポール

愛媛県• 5 技法:油彩・アクリル ポール・デルヴォー 画面サイズ:63. しかし デルヴォーの作品に表現されているものは もっとずっと深いものであり それを受け取れる人は少ないのです。

9
(しかし独身を通したわけではありません。 同じベルギーのシュルレアリストとして、1歳違いのルネ・マグリット(1898-1967)と比較されることも多いデルヴォーですが、理詰めで絵を構成したマグリットに比べ、デルヴォーの絵は個人的な経験がベースになっています。
デルヴォー ポール

ニューヨーク近代美術館に収蔵されている。 「私」は海岸にいます。

16
「孤独」《Solitude》1955年 向こうを向いて立っている少女は「私」です。
デルヴォー ポール

ダリとガラは強く惹かれ合い1934年に結婚。 デルヴォーは裸の女性、駅、電車、骸骨などを題材にすることが多く、背景には古代ギリシャの神殿がよく用いられています。

17
《夜の使者》は習作と並んで展示されています。