履歴 書 通勤 時間。 【就活のコツ】履歴書の通勤時間欄の正しい書き方~就活生が意外と見落としがちな記載のポイントを紹介~

書 通勤 時間 履歴

路線情報は、公共交通機関のルート案内に適した経路検索サイトです。 通勤時間欄の正しい書き方と4つの注意点 履歴書の通勤時間の定義 履歴書の通勤時間の定義は出発地点から到着地点まででかかる片道の所要時間です。 事前に通勤交通費の会社負担額が高すぎないかを確認しています。

15
通勤時間は5分単位で記入する 履歴書の通勤時間は、 1分単位ではなく、 5分単位で記入しましょう。
書 通勤 時間 履歴

通勤時間がわかると応募者を採用した場合の交通費が計算できます。 最短時間を正確に• もしも履歴書に記入した内容と実際の通勤時間が大きく食い違っていた場合、採用担当者は応募者に不信感を抱くかもしれません。

9
交通費は企業にとって毎月の固定費になるため、できる限り抑えたいと考えます。 近い方が嫌にならずに辞めにくいと考えられます。
書 通勤 時間 履歴

AT車もしっかりと「AT・オートマチック限定」と記載しましょう。 履歴書の通勤時間の書き方 通勤時間を調べるためのオススメのWebサイト 通勤時間(最短時間)は、インターネットのWebサイトで調べることができます。 5分刻みで記入(1分単位は四捨五入) 履歴書の中でもあまり目立たない欄ですが、採用担当者は通勤時間から、あなたが会社まで通いやすいのかどうかを見ていますので、気を抜かずに記入しましょう。

支援や配慮が必要かを確認する 【通勤時間】応募者が通える範囲内か 「通勤時間欄」で採用担当者が見るポイントの1つは応募者が体力的に通える範囲内かを確認することです。 電車や車に乗っている時間だけを書こうとしている方がいますが、この書き方は誤り。
書 通勤 時間 履歴

電車で通勤する場合の例を紹介します。 ビジネスの文書では、空欄を放置すると、「記入漏れ」なのか「不要」なのかが分からないので、「0」や「斜線」などで消すことが一般的です。

15
ただし、こちらも自家用車や自転車を使った所要時間は検索することができません。 また、電車やバスに乗る時間だけでなく、家からバス停あるいは駅まで、会社の最寄り駅から会社まで歩く時間も通勤時間に含めます。
書 通勤 時間 履歴

空欄を作らない 通勤時間の欄は「 時間 分」となっていると思います。 余白や通勤時間欄、本人希望欄にバス通勤する旨を記入しておきます。

1
体力的に問題がないことをアピールする 通勤時間が長めであっても業務に支障をきたさないことや、以前も同じ通勤時間で勤務したことがあるなど、時間の長さが問題ないことをアピールしましょう。 なお、1時間以上の場合は「90分」ではなく「1時間30分」と書くようにしましょう。
書 通勤 時間 履歴

また主要な交通機関のみの記入で構いません。 これは、空欄を作ってしまうと「書き忘れたのかな?」と疑われてしまうからです。

意外にご存じない方が多いのですが、 バス停の位置だけはGoogleMAPで見ることができます(地図上にポツンと載っています)。
書 通勤 時間 履歴

繰り返しになりますが、最初からそのような勤務地の会社は狙わない方が無難とわたくしは考えます。 長距離通勤が必要な企業に応募する場合は、企業が抱く「長く働けるのか」「負担が大きいのでは」などの不安に応えるために、「負担にならない理由」や「引っ越しの検討」など、前向きな姿勢があることを伝えましょう。

12
面接官から通勤時間について長すぎるという指摘があれば、返答できるように事前に回答を考えておきましょう。 通勤時間は『玄関から会社の入り口』までの時間を書く! 通勤時間に記入する時間は、 自宅の玄関から会社の入り口までの時間です。
書 通勤 時間 履歴

往復を書いてしまうと2倍になってしまうので注意! 通勤時間は最短時間を記入 通勤時間は、電車やバスの遅れも発生するから多少多めに申告しておかないと・・・ 通勤時間は最短時間を記入することになっているからワーストケースを考慮しない時間です。 希望がないときは「貴社の規定に従います」と記載するのがベストです。 採用担当者はおおまかな時間を把握する必要があります。

一般的に、社員の通勤にかかる交通費は、全額ないし一部を会社が負担しています。
書 通勤 時間 履歴

とは言っても、10分のところを10時間と書いてしまったというような、大きなミスでなければ意外となんとかなったりもします(おすすめはしません)。 体力的なもの• ここでは、転居などで履歴書に書く通勤時間が変わった場合を紹介していきます。

2
つまり、自宅から駅、駅から会社までの徒歩時間、電車やバスを利用した乗車時間をすべて足し合わせた時間が通勤時間となります。 自分がどこに配属されるかわからない場合は、自分が希望する勤務地への通勤時間を記入すると良いでしょう。