極 超 音速 兵器。 日本の「超音速滑空弾」、弾道ミサイルを上回る脅威に_中国網_日本語

兵器 極 超 音速

それによると、大統領は国防総省が3月にテストを実施した極超音速滑空体のことを指していたという。 (筆者加筆:DARPAは、2020年1月28日、ノースロップ・グラマンが進めるグライド・ブレーカー開発計画に130億ドルで契約を締結したと報じられている) (2)ロシア ア.全般 ロシアは1980年代から極超音速兵器技術の研究を行ってきたが、米国の欧州および米国本土におけるミサイル防衛体制の整備と対弾道弾迎撃ミサイル(ABM)条約からの脱退(2001年)に対応して、その努力を加速した。 まあ、それを撃つ射手を制御する衛星やレーダーがないのが、一番の問題なんでしょうけどね。

19
続けて、MDAは、ノースロップ・グラマン、レイセオン、レイドス、L3ハリスの4社と、2020年10月までに宇宙配備(低地球軌道)のプロトタイプセンサーを設計するための2000万ドル(1社あたり)の契約を締結した。 ハイパーソニックとはマッハ5以上の速度をいう。
兵器 極 超 音速

韓国国会の立法支援組織「国会立法調査処」は10日、米国や中国など世界の主要国で開発が行われている極超音速兵器を韓国も開発中であると明らかにした報告書を公開した。 報告書によれば韓国は2000年に産学界が中心となって極超音速に関する研究に着手、2004年に国防科学研究所が主導する形で極超音速に関するコア技術(スクラムジェットエンジン等)の研究を行って成果を挙げたと説明しており、2018年からマッハ5. 海外メディアも、この武器が地域情勢の不安定を引き起こすことを懸念している。 因みにSCIFiREプログラムの下で開発される極超音速ミサイルのプロトタイプは1,600km離れた目標を攻撃することを目標にしているらしい。

8
アメリカ国防総省はついに、ドナルド・トランプ大統領のいう「ものすごい(super duper)ミサイル」が実際に何であるかを説明した。
兵器 極 超 音速

今回の試験成功で、今年中に予定されているブースター試験へのお膳立てが整いました。

10
なお、この他にも偵察用高高度超音速無人航空機「WZ-8」というアイテムも開発しているようだが。 もちろん、支那の艦隊(空母)の無力化も想定しているはずですが、弾頭弾の種類で使い分けするのでしょう。
兵器 極 超 音速

低空で滑空させるよりは開発しやすいと思われ、支那のDF-17なんかもこのタイプだと言われている。 しかしMBDAドイツと共同でTLVSを開発を行う予定のロッキード・マーティンがプログラムコストを押し上げ国防予算を食い物にしているとの批判(根拠は弱い)も根強いため、ドイツ国内ではTLVS開発に批判的な声が多い。

18
レイノルズ豪国防相は声明の中で、オーストラリアは国の防衛能力の強化に向けた軍備への投資を拡大していく意向を明らかにした。
兵器 極 超 音速

しかし、元研究・開発担当国防次官マイケル・グリフィン氏は、米国は、どんなに早くても2020年代半ばまでは極超音速兵器に対する防御能力を整備できないであろうと指摘している。 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• - 脚注 [ ] []. 現在のところ「高速滑空弾」の配備先は明言されていませんが、自分も宮古島と石垣島(奄美大島も?)だと考えています。 既に日本でも開発中と思っているレーザー砲(アメリカは実用化に前進しました)やレールガンの実用化に舵を切るべきタイミングなのかもですね。

そのためミサイル性能の長射程化(敵戦闘機からの攻撃の回避)および超高速化(対応の時間を与えず、対空火器を突破)が要求されてきた。 そもそも極超音速兵器には大きく分けて「HGV」と呼ばれる極超音速滑空体と「HCM」と呼ばれる極超音速巡航ミサイルの2種類があるのだが、30km~100kmという高高度を飛んでくるため既存の地対空ミサイル「パトリオット(最高作動高度24km前後)」等では届かないという根本的な問題もあり、米軍は開発途中だったミサイル迎撃用システムを放棄して一から開発をやり直しているほどだ。
兵器 極 超 音速

噂レベルに過ぎない話だが、そうである可能性も否定は出来ない。 第2次大戦の終戦以来、日本が初めて空母を保有するということは、中国が領有権を主張する南シナ海などを狙った遠距離作戦を念頭に置いていると見られる。

6
それぞれの定義は次のとおりである(出典:米議会調査局報告書2020年8月27日)。 全体のシステムを含めて極超音速ブーストグライド兵器、あるいは弾頭部分を指して極超音速グライダーとも言います。