クリフォード ブラウン。 クリフォード・ブラウン

ブラウン クリフォード

好きなミュージシャンがたくさんいて、好きなレコードがたくさんある~これが僕の基本図式なのだ。

6
なんと古代エジプト王朝時代に、すでに金属製の軍用ラッパがあったそうですね。
ブラウン クリフォード

最近見た商品. 『ダフード』- Mainstream, Mainstream-386, [12"LP], 1972• 3だけ入手した》 このspotlite音源のLPが、やはりそれほどいい音質とは言えなかった。

ピアニストって、けっこう同じパターンのイントロを使うんだな(笑) この曲でのマクリーンは、いつも以上に気合が入っている。 ですから演奏技術のひとつに、楽器の特性・長所を生かすということが当然考えられます。
ブラウン クリフォード

12インチ盤には12曲収録だから、あともう1種、EP盤があるはずで・・・やっぱりそれも欲しいな(笑) 7インチ盤~柄は小さくても「ブルー・バック」なのが、ちょっとうれしい(笑)》 たぶん僕は、EP盤で聴いた「音色」にそれまでには感じたことのない「ブラウンという人の存在感」みたいなものを感じ取ったのだろう。 その為速い曲では無理やりテンションを上げた勢いだけの演奏が多くなる傾向にあります。 時に奇跡的な瞬間が生まれ、それを幸運にも録音できた時、後世に語り継がれる名盤が誕生する。

16
もちろん私の聞き込みが浅いだけかもしれませんが。 どの曲もスローテンポのバラード調なのだが、ブラウンはそんないい曲のメロディを、慈(いつく)しむように・・・丁寧に吹く。
ブラウン クリフォード

ジャズは誰にでもわかるような生ぬるい音楽ではない。

7
ちなみにこのレコード・・・ワリー・ハイダーの録音により、右チャンネルから太っいベース音が聴かれます。
ブラウン クリフォード

はちきれんばかりのこのポップな曲で、クリフォードの音色がひときわ輝いています。 そうしてちょっと前に12インチ盤「With Strings」を入手した(一番上の写真参照) 残念ながら、これはemarcyの再発で、センターラベルがドラマーの付いてないemarcyの2ndか3rdラベルだ。

7
おそらくウィントンは、4:54からのところを参考にしたのでしょうね。 - "Don't Explain" , - 5:17• これまで耳にしてきたどのダイアル音源よりも鮮度感があり、パーカーのアルトの音も太くくっきりと聞こえたように思う。
ブラウン クリフォード

50 年代中頃のジャズ、主流はモノーラルの時代です。 このアルバムは1956年1月と2月の録音ですが、同年6月ロリンズは大傑作「サキソフォン・コロッサス(Saxophone Colossus)」を吹き込み、完全復活を遂げることになります。 ビギナーに適した良質なジャズを聴き、ジャズに慣れることが必用だ。

ただ・・・EP盤好きの僕は少々がっかりしたものだが、「With Strings」への愛着はますます湧いてくるのだった。
ブラウン クリフォード

若くして自動車事故で亡くなった不運のトランペッター、クリフォード・ブラウンの特徴、個性、聴きどころは、マイルスはじめ、当然比較されるべき多くの名ジャズ・トランペッターたちとの「違い」を通して明らかになるでしょう。 それゆえに、一癖も二癖もあるジャズマンたちも彼のことを素直に認めたのでしょう。 hand ヘレンメリルの出世作。

5
税込10万円~30万円未満 1,100円. 録音が同時期のはずのsavoyの方は、割としっかりした音で復刻されていたので、ダイアルものは、録音段階からあまりよくなかったこともあるかもしれない。
ブラウン クリフォード

そして 8月から怒濤のレコーディング・セッションが始まるのです。 その頃の彼は引っ張りだこで、この曲の前にはタッド・ダメロン(Tadd Dameron)楽団にも参加していました。 ジャズでステレオ化が主流になったのは50年代の後半から。

7
なかでもラテン・リズムを効果的にもちいた〈ジョージズ・ジレンマ〉は名作中の名作。 ちなみに、201がピンク色、202だと緑色である。
ブラウン クリフォード

その代わりにこの曲をご紹介したいと思います。 モダン・ジャズの神様、チャーリー・パーカーの偉業を讃えて開店した世界一のジャズ・クラブ 「バードランド」。 with•。

2
この曲を選んだ理由はひとえに楽曲の良さで、エルモ・ホープ(Elmo Hope)の手によるものです。