詔 読み方。 祝詞を読んでみましょう

読み方 詔

熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。 全てZIPで圧縮してあります。 そのほか特例の詔勅として、 、する詔勅 、を止める詔勅 、設置の詔勅 、襲撃事件に関する詔勅 、後に関する詔勅 、に関する詔勅 、に対する局外中立の詔勅 、実施()に関する詔勅 、する詔勅 、に関する詔勅 が官報の詔勅欄で公表された。

6
帝国憲法施行により、法律は帝国議会の協賛を経ることを要することになった。
読み方 詔

〔略〕 彼らは玉座をもって胸壁となし、 詔勅をもって弾丸に代えて政敵を倒さんとするものではないか。

2
たとえば、明治天皇の 、大正天皇のへの勅語 、昭和天皇の軍人援護の勅語 、戦災者援護の勅語 などは賜金の際に下された。 また、詔勅を分類して、詔、勅、御宸翰、上諭、勅諭、宣命、御祭文、御告文、勅問、御下問、勅旨、勅語、策命、誄辞、御沙汰書、御委任状、訓条、御国書、御親書、御批准書、証認状の順に列挙した。
読み方 詔

起草担当官の変遷は以下のとおりであった。 阿部照哉『青林教科書シリーズ 憲法 改訂』青林書院、1991年、34頁。

12
1875年(明治8年)正院の職制を改め詔勅制誥をもって直に内史の所掌と為し、同年さらに改めて大少史と為し、ひきつづき詔勅公文を担当させた。 すぐ下にでてくる「神御衣」を織るための神聖な機屋のことです。
読み方 詔

1904年上奏「公式令草案」によると、既に詔と勅の2種の名称があるから、その区別を明らかにしないのは宜しくないという理由で、おおむね大宝公式令の定義「臨時の大事を詔となし、尋常の小事を勅となす」に則り、当時の制度を考慮しつつ、これを変更し、詔書と勅書を区別したという。 官報1914年8月23日。

この場合、勅裁は内部の手続きでしかなく、外部に対しては大臣等の意思表示としての形式であった。 そこで 速須佐之男命 はやすさのおのみことは 天照大御神 あまてらすおおみかみに、「私の心は清く明るいから、私の生んだ子は女子だった。
読み方 詔

明治維新の初め、この用例は古義ではないとされたため、宣命の呼称を廃し、天皇みずから親祭するものを 御告文と称し、勅使が奏するものを 祭文と改めた。 比較的に軽い事案は大臣らが天皇の勅裁を得てこれを表示する場合があった。 画用紙は折りにくいような・・・・・。

16
しかしその後一転して別に口勅を宣り伝える簡便法になった。
読み方 詔

必ずしも内閣総理大臣を辞める時にだけ与えられるものではなく、山県は日清戦争の戦中戦後に閣外で軍務従事中に2度与えられた。

17
どちらも天皇以外が読み上げる形式であり、天皇の一人称を伴うものではなかった。 上記の教育関連のもの以外でいうと、鉄道50年祝典 、徴兵制60年 、支那事変1年 、帝国憲法発布50年祝賀式典 、自治制50周年記念式 、裁判所構成法50年 、紀元2600年式典 において勅語が下された。
読み方 詔

それぞれ内容をみると、岩倉への勅旨は、岩倉を米欧に派遣するものであり、その勅旨の後ろに、条約改正に関する別勅旨と、岩倉に随行する理事官への勅旨が付属していた。 これは公式令制定前からの慣例であった。

13
尾崎行雄 [ ] 1912年(大正元年)12月、が内閣総理大臣を辞め、が内大臣兼侍従長から内閣総理大臣に転じることになった。 官報1945年4月1日・詔書・。
読み方 詔

官報1938年4月17日・。

宮内庁では天皇の年頭所感を「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」と呼称している。