ホンダ バイク。 ホンダの大型バイク(1001cc以上)のレビューや新車・中古バイク一覧|ウェビック バイク選び

バイク ホンダ

鳥取県• しかしインテグラは燃料タンク位置は同じながら、スクーターのデザインにする為に、ダミータンクの積載スペースがなく、シート下の積載スペースは15Lしかありません。 福岡県• また、電動式ウィンドスクリーン・ウォッシャーとワイパーの搭載により、雨天時でも優れた視認性を確保できる点が魅力です。 ターボがついていないNAのエンジンながら、吹け上がりの軽い元気なスポーツカーという印象が強く、とても人気のある車でした。

5
神奈川県• STX1300 0台• GL1100ゴールドウイング 0台• 栃木県• 徳島県• 京都府• 工業製品の開発を行う企業として1946年に創業。
バイク ホンダ

ランキングは毎週金曜日に更新されます。

20
佐賀県• レブル250が大人気な理由。 GL1200 アスペンケード 0台• 自転車にエンジンをつけた二輪車第1号を経て、1949年に初の本格的オートバイ「ドリームD型」を発売し、オートバイメーカーとしての歴史をスタートさせました。
バイク ホンダ

岡山県• 千葉県• 大阪府• 愛知県• シャドウ エース VT1100C 0台• 福島県• 東京都• 岩手県• 茨城県• 無理矢理三兄弟に仕立てないほうがよかったのでは…… インテグラサイドビュー NC750X、NC750S、そして今回試乗レポートを紹介するインテグラは共通のエンジンを採用し、車体を構成するパーツの多くを共用している三兄弟です。 福井県• 青森県• 始動音や走行音は同クラス原付スクーターと比較しても小さく、深夜・早朝でも近隣を気にせず乗り出し可能です。 鹿児島県• ホンダがインテグラを開発した背景にはヨーロッパでも絶大な人気を誇るTMAXの存在が大きかったといえます。

9
フロントから上部にかけて搭載された大型ルーフは、雨風の抵抗を軽減させ走行時の快適性を確保できます。 岐阜県• 高知県• ジャイロキャノピーの多くはデリバリーサービスなどのビジネスシーンで用いられ、長年高い人気を誇っています。
バイク ホンダ

大分県• 創始者・本田宗一郎の技術力とリーダーシップのもと、エンジンをはじめ各所にオリジナルの技術が盛り込まれています。

4
甲信越・北陸• 富山県• 宮崎県• 長野県• 宮城県• 99万円• スクーターの形をしているインテグラですが、スクーターの概念を覆す装備を多数纏った車両です。
バイク ホンダ

スクーターの大きな魅力の一つが積載量ですので、無理やり三兄弟に仕立てるのではなく、オリジナルの1台として発表して欲しかったというのが本音です。 しかし、実は初めてインテグラという名前が使われたのはバイクで、1982年にCBX400Fインテグラで初めて「インテグラ」という名前が採用され、その後フェアリングが標準装備のバイクの名前にしばらく使われていました。 山形県• 秋田県• 香川県• ST1200 パンヨーロピアン 0台• GL1500アスペンケード 0台• 愛媛県• 滋賀県• なお今回お借りしたインテグラは車体カラーとホイールカラーを変更したS仕様となります。

8
群馬県• 広島県• 技術への高いこだわりと、誰でも気軽に乗れる親しみやすさを両立しているので、誰でも1台はライフスタイルに合った1台が見つかるはずです。
バイク ホンダ

VTX1300 0台• 年式や仕様等が異なる車両の評価となる場合がございますので、ご注意ください。 山口県• 数字他• かつて空前のバイクブームを牽引した「CB」シリーズの流れを汲む、ホンダを象徴するバイクです。

13
兵庫県• GL1200 ゴールドウイング 0台• ゴールドウイング F6C 0台. 島根県• 他の二車種は通常の燃料タンク位置をダミータンクとして積載スペースにし、エンジンを出来るだけ前よりに配置することで、14Lの燃料タンクはシートの下に配置されています。 三重県• 排気量が530ccのTMAXと比べて、インテグラは750cc。