琉球 大学 ホームページ。 募集要項・選抜要項

ホームページ 琉球 大学

(昭和45年)6月 - 新那覇病院がとなる。 本部が西原町にあるため、警察はキャンパス全体が浦添市、西原町の2市町を管轄しているの管轄となっている。 (21年)(現)に、小学校等の教員養成を目的としたが開学。

1
「自然との共生」が人類共通の課題としてクローズアップされる今日、琉球列島の自然環境をどのようにして守り、どのように共存してゆけばよいのか、我々が考えなければならない課題は数多く存在します。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。
ホームページ 琉球 大学

経営プログラム(夜間主あり)• (大学センター試験などの日程上、募集業務の別日が取れませんのでご理解ください。

我如古交差点で左折して上記北口方面か、そのまま直進すると琉大附属病院方面へ到着する。 入学者受入方針(アドミッションポリシー):求める学生像 数理科学科 1 基礎的な数学の知識・思考力を備えている人 2 未知の数学に対する好奇心が旺盛である人 3 強い勉学意欲を持ち、積極的に数学を学び、修得した知識や技術等を社会に役立てたい志のある人 物質地球科学科 物理系 1 基礎学力を備え、科学的好奇心に富み、探究心や勉学意欲の強い人 2 科学的な基礎知識や思考法を学び、それらを社会人として生かしたい人 3 物理系の勉学を基に、広い意味での科学者として自らを磨く人 物質地球科学科 地学系 地球と海洋に関する自然現象に興味を持ち、意欲的に地球科学の知識を身につけ、探究心に富む人を求めています。
ホームページ 琉球 大学

経済学専攻課程(夜間主あり)• 機械工学コース• を利用する場合、で右左折、県道34号に入る。 コース• 植物機能学コース• インターネット出願サイト• 3 入学者選抜の基本方針 本専攻では、修士号を取得するのに必要十分な基礎学力を備え、意欲的・積極的・主体的に勉学に励むことができるのかを判断するために、専門科目、外国語、面接の選抜試験が行われ、公正かつ妥当な方法の入学者選抜が実施されています。

8
大学関係者一覧 [ ] 9 [ ]• 令和3年度 各特別選抜 学生募集要項を公表しました(2020. でも、(昭和22年)には六・三制の新制学制を実施、また同年に大学設置要求が起きると、アメリカ軍政府教育部は沖縄民政府に対して、(昭和23年)にジュニアカレッジの設立を指令し、(昭和25年)に琉球大学が設立された。
ホームページ 琉球 大学

植物開発学コース• 特別支援教育特別専攻科• (昭和33年)- 農家政学部を「農家政工学部」に改称。 10月2日に公表しました。

12
(平成16年)4月 - 化。
ホームページ 琉球 大学

哲学・教育学プログラム• 共通教育棟等• 私費外国人留学生特別選抜 募集要項を更新しました(2020. ダウンロードした様式では出願できません。 琉球大学教育学部附属中学校 〒903-0213 沖縄県西原町字千原1番地 TEL. (昭和56年)4月 - 保健学部が医学部保健学科に改組されたことに伴い、琉球大学保健学部附属病院がとなる。

2
物質地球科学専攻 1 教育理念・目的 物質地球科学専攻では、物理学・地球科学及び関連領域の教育・研究をとおして、学問の深化と科学技術の発展に寄与し、広い視野と高度な専門知識や技術を持った人材の養成を目的とします。
ホームページ 琉球 大学

(昭和54年)- 理工学部を理学部とに分離、を設置、保健学部は医学部保健学科とする。 令和2年度の出張校内研修について 現在検討中です。 2 求める学生像 本専攻では、物理学あるいは地球科学、それらの関連領域の教育と研究をとおして、自然科学の普遍的知識や考え方を身に付け、高度な専門性と独創性を備え科学的な広い視野を持つ研究者、教育者、専門的技術者等を目指す学生を求めています。

11
国際言語文化プログラム(夜間主あり)• 工学科• 海洋自然科学科• その他 [ ]• (昭和25年) - 米国民政府布令第30号「琉球大学」に基づき、の跡に「琉球大学」が開学• 政治・国際関係専攻課程• 生態環境科学コース• 学寮「千原寮」(住所は西原町字千原59番地) 概要 千原キャンパスの中央に千原池があり、この池を境に南北に学部が配置されている。
ホームページ 琉球 大学

加えて、「琉球の自然」「沖縄研究入門」など、沖縄の特異な歴史的・文化的風土と自然環境に焦点を当てた科目も開講している。 地域農業工学科• 以下のリンクからご参照ください。

18
社会におけるこれらの重要性を考えれば、基礎科学としてのこれまでの物理学を継承し、それを持続的に発展させて人類の知の最前線を拡大することが我々に与えられた使命です。 外部リンク [ ]• 沿革 [ ] 開学前 [ ]• 特に年末年始を迎えるに当たって、帰省、旅行、各種行事への参加など予定されている方においては、これまでとして周知をしております対策( マスク着用、 手洗い、 消毒、 3つの密の回避、 健康観察、 ソーシャルディスタンス、 接触確認アプリ等の活用、その他 飲食等の際の対策)を徹底するとともに、ご自身やご家族の体調不良、感染拡大の可能性が高い状況(環境)がある場合又はそのことが判明した場合は、帰省、旅行、各種行事への参加を控えていただくようお願いします。