優良 誤認 表示。 景品表示法の優良誤認について実例を交えて食品表示のプロが解説

表示 優良 誤認

これを防ぐために、優良誤認表示を禁止し、規制しているのです。 有利誤認表示は取引条件に関する誤認表示であり、その点において、商品・サービスの内容の有利性に関する誤認表示である優良誤認表示とは異なります。

16
消費者にしてみれば、窒素成分や化学肥料が使われていないから特別栽培米だと認識して購入しているのに、実際には化学肥料が使われているのですから、この表示は実際よりも品質が良いものであると消費者を誤認させるものだと言えます。 この場合、国は事業者にまず指導を行い、指導に従わない場合は次の段階の指示・公表となります。
表示 優良 誤認

インターネット情報提供サービスについては、インターネット上で取引が完結することから、特に、有料か無料かについての情報、長期契約における決済などの取引条件についての情報、商品の購入手段であるダウンロード方法に係る情報等が消費者に適切に提供される必要があります。

13
近時、このガチャに関する優良誤認表示の事件(実際の事例については後述)が話題になりました。
表示 優良 誤認

さらに、「カテゴリー(何についての一番か)」、「地域(どの範囲でか)」などを明瞭にすることが望ましいともされている。 優良誤認とみなされた場合どうなるのか についてご紹介します。

17
合理的な根拠もないのに、「 No. 自社の従業員・その家族等、その他利害関係者の体験談を収集して行う調査のみでは、客観的に実証されたものとは認められない。
表示 優良 誤認

( 第17条 第9条第1項の規定による報告若しくは物件の提出をせず、若しくは虚偽の報告若しくは虚偽の物件の提出をし、又は同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、若しくは同項の規定による質問に対して答弁をせず、若しくは虚偽の答弁をした者は、1年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。

11
故意に食材を実際よりも優良なものに見せようとしたのではなく、社内の連携ミス等の過失によって起こった「誤表示」であった、との説明です。 もっとも、不当表示を行ったことを自主申告した事業者については、賦課金の額の 2 分の1が減額されます(景品表示法9条)。
表示 優良 誤認

簡単に言うと、以下のようになります。 また、上記の指示・命令を行った場合は、その旨を公表することとされています(食品表示法7条)。 さらに、実際には事実と異なる表示が業界内で慣習的に行われていたとしても、同じです。

ウェブページ上の表示内容を簡単に変更できることから、情報の更新日が表示されていなければ、表示内容がいつの時点のものであるかが分かりづらいという問題があります。
表示 優良 誤認

なお、有利誤認表示の禁止は表示それ自体を禁止しているため、不注意により有利誤認表示してしまった場合でも景品表示法の規制対象になるので注意しましょう。

10
他にも、NG事例としては以下のようなケースが考えられます。 景品表示法では「バター香る」と書いてバターゼロでも、通常は問題にならないからです。
表示 優良 誤認

なお、消費者庁の調査において、対象の表示の根拠になる資料等の提出を求められた場合に何らの資料等を提出しないと、措置命令との関係では優良誤認表示であると擬制され、課徴金納付命令との関係では優良誤認表示と推定されます。 このとき問題になった「ガチャの確率問題」とは、具体的にどのような問題なのでしょうか。 景品表示法で禁止される優良誤認表示 景品表示法が禁止している広告表示の種類の1つに、優良誤認表示があります。

景品表示法は、広告の内容を適性に保つことによって、消費者の利益を守ることを目的にしている法律です。 商品・サービスの効果、性能を標ぼうする場合には、十分な根拠なく効果、性能があるかのように一般消費者に誤認される表示をしてはいけません。
表示 優良 誤認

古来からの言い伝え等 試験・調査によっては表示された効果、性能を客観的に実証することは困難であるものの、古来からの言い伝え等、長期に亘る多数の人々の経験則によって効果、性能の存在が一般的に認められているものについては、当該経験則につき、専門家等の見解又は学術文献によってその存在が確認されている必要があるとされます。 よって、景品表示法の規制内容の中でも「優良誤認表示」となり、農協は措置命令を受けました。 優良誤認表示による措置命令・課徴金納付命令の事例はいくつもあり、中には1億円を超える課徴金の納付を命じられた事例もあります。

世間的にも有名で、大企業や大きな組合でも摘発を受けていることも理解できたところです。