鑑 意味。 国語辞典は鑑(かがみ)?鏡(かがみ)?|ベネッセ教育情報サイト

意味 鑑

円形・方形・花形・稜形などに作り、室町時代から柄をつけるようになった。 正式な作法は、本尊前・祖師前は須弥壇上(もしくは前卓上)に三重(五重)の鏡餅を一対備える。 火田博文 2019. おしえ。

この機能を果たすためには、起案はその内容だけでなく、その形式が適法、つまりルールに従ったものである必要があります。
意味 鑑

言葉は時代と共に移ろいでいくものですが、本来は「〜に鑑みて」という使い方が正しいということは知っておいて良いでしょう。 「殷」は、古代の中国の王朝名で、「酒池肉林」の故事で悪名を馳せた「紂王」(ちゅうおう)が滅ぼされたことから来ています。 どれも、真の姿を見きわめるために使われている言葉ではありませんか。

4
一体なぜ、同じ言葉に2つの表記が存在するのでしょうか。
意味 鑑

「過去の失敗に鑑みて、もっと丁寧に仕事をしなければならない」などのように使います。

古くは金属、特に銅合金を磨いたり錫すずを塗ったり、または錫めっきを施したりした。
意味 鑑

一体どうしてこんなことになったのでしょう? どうやらそのヒントは鑑という文字の意味にあるようです。

「鑑」の字は、「鏡に映して見る」「金属」の象形から成り、「金属製のかがみ」の意味があります。
意味 鑑

請求書の鏡 かがみ とはなんですか? 提出あるいは送付する書類の一枚目に、宛先・標題・日付・作成者などを記して添える文書 のことです。 「鑑みる」の類語はいくつかありますが、比較対象があるという点では「鑑みる」に最も意味が近いと言えます。 例えば、「前年の売り上げに鑑みて、当初予定していた予算を大幅に引き上げることにした」と使えます。

20
辞書は鑑(かがみ)であり鏡(かがみ) 辞書は鑑(かがみ)であり鏡(かがみ)だと思うんです。
意味 鑑

違いがあるとすれば、「顧みる」は過去の出来事や人を思い返している様子を表しており、過去の先例を参考に、現状について考えていることにはなりません。 鏡文とは何? 鏡文とは仕事において 取引先と交わす起案書・請求書・仕様書などの公文書に付ける 添え書きのようなものです。 鏡餅を飾り始めるのは、早くても問題とはされないがが最適とされる事が多い。

20
また上記の類義語を使うと、下記のような例文を作ることができます。 「彼女は勘がするどい」「さすがの勘働きだ」「あてずっぽうにしてはいい勘をしている」のように使われます。