ガレット ブルトンヌ レシピ。 ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお菓子35

レシピ ガレット ブルトンヌ

ガレットブルトンヌをプロ並みに仕上げるコツを、いくつか紹介していきます。 特に、ガレットブルトンヌは、風味豊かなバターの香りとサクサクの食感が特徴で、子どもから年配者まで幅広い層に好まれるでしょう。 ガレットブルトンヌ、タルト台に応用できる! フランスのガレットブルトンヌのレシピを見ていくと、ベーキングパウダーの配合がかなり多いのに気がつきます。

ゲランドの塩でも同じような食感のものを出してもらいたいのですが、天日乾燥した塩をそのまま集めたフルールドセルと違いマルドンの塩の方は海水をさらに15〜16時間煮詰めて結晶化させている伝統的製法をとっているので類似品がない模様。
レシピ ガレット ブルトンヌ

このクッキーはバターが多いので、天板にくっつかないと思いますが、念のため、パーチメントペーパーなどを敷いたほうがいいでしょう。

10
A 薄力粉:75g• そうするとそこにクリームを詰めたりできてタルトの代わりになるんですよね。 それとブルターニュの南にあるゲランド半島と言ところは塩づくりで有名だから、有塩バターも多くて、それをお菓子に使うのが特徴。
レシピ ガレット ブルトンヌ

加えて、フランスのバターは日本よりも塩味がかなり強めなことも特徴です。

15
接合部分は約1. アルミホイルを巻いた後は、くるっと曲げて丸いセルクル型を作ります。 ブルターニュにはこの地方独特のお菓子がたくさんあるね。
レシピ ガレット ブルトンヌ

ゲランド塩の特徴 ブルターニュ地方の有塩バターには、グランド塩田から採取された『ゲランド塩』が含まれます。 薄力粉・強力粉・アーモンドプードルを入れてボウルで混ぜ合わせる時に、粘り気が極力出ないように切るように混ぜることも大事です。 『常温』か『解凍モード』で、少しやわらかくする程度にとどめましょう。

10
A アーモンドプードル:45g• ちなみに「ブルトンヌ」というのは「ブルターニュ風の」という意味です。
レシピ ガレット ブルトンヌ

ここまでフランスのブルターニュ地方の特産品の話をしていたのにイギリスのもので何なのですが。

17
ヘラに持ち替えてクリーミーになるまでさらに混ぜる。
レシピ ガレット ブルトンヌ

直子(以下N): ブルターニュ地方と言って思い浮かぶのは、なんと言ってもクレープ!! クレプリー クレープ専門店)で食事として食べるのがポピュラーだけど、サン・マロ ブルターニュ地方の観光地)で、 クレープで包んだお菓子ばっかり売って いるお菓子屋さんに出会ったことがある。 無塩バターは空気を含ませる 最初の作業は、室温で戻しておいた無塩バターを混ぜることですが、泡だて器を使い『白っぽくなるまで混ぜる』のがポイントです。

6
ドゥミ・セル:0. 箱入りで個装されているので、友人に配るのに最適です。 3.よく冷えた1と2を大きめのボウルに入れ、スケッパーなどでバターを切り刻みながらさらさらとした細かいそぼろ状にする。