水島 工業 作 陽 誤審。 水島工業 サッカー部

誤審 作 陽 水島 工業

試合はテレビ中継されており、「幻のゴール」が番組の終了間際にも 映し出されていて、誤審は明らかで後に日本サッカー協会も 誤審を認めたが、試合結果は変わらなかった。 -しかし、問題はその後に起こった- 主審の青木 隆 氏はゴールを認めず水島工業にプレー再開を促した。 (国見)• (国見) MF• 1対1で迎えた延長3分、作陽の2年生でエースMFの青山敏弘(現サンフレッチェ広島。

17
水島工の選手たちは苦悩した。
誤審 作 陽 水島 工業

しかしあの時とは違い両チームのわだかまりも解消され、最後は健闘を称えあった。

代表 (初出場) 近畿• (桐光学園)• 代表 (3年連続20回目)• 斉藤啓介(桐蔭学園)• 作陽が「悲劇のヒーロー」になる一方、水島工は敵役にされた。
誤審 作 陽 水島 工業

誤審をバネに後に日本代表にまで上り詰めた選手もいれば、自責の念に囚われてボールを蹴るのをやめてしまった選手もいる。

4
外部リンク [ ]• (ネット上の記事より引用) どうみても入っているように見えるのだが・・・。
誤審 作 陽 水島 工業

水島工は誹謗中傷され本大会への移動の際には護衛がついた。 代表 (3年連続7回目) 中部• そのままプレーを続けたのが審判の誤解を生んだのだ。 すると作陽・青山敏弘(現・サンフレッチェ広島)のミドルシュートが決まり、延長Vゴールで作陽の勝利が決まったかに見えた。

20
プロ入りして活躍することになる作陽の青山選手も 「誤審のときはサッカーが嫌いになった」 「あのゴールがプロを目指す原点」 と語られています。 (大分)• 代表 (17年連続17回目)• 昨年全国ベスト8の名門作陽高校と県内では実力校の水島工業高校の決勝戦は1-1の白熱した試合展開で延長戦に突入した。
誤審 作 陽 水島 工業

審判の判定が最優先ではあると思うが、両校の子どもたちが納得のいく判断を下して欲しい」としている。 代表 (5年ぶり9回目) 九州• 2002年11月10日高校選手権岡山県大会決勝、水島工業高校-作陽高校戦の1-1で迎えた延長前半、作陽2年青山敏弘のシュートがゴールに入りVゴールが決まったかに思われた。

- 開会式・開幕戦• するとVゴール方式の延長前半に、相手ボックス外の右から青山敏弘が右足で強烈なシュートを放つと、これがゴールマウスを捉えて作陽が勝利したかに思われた。 (市立船橋)• 主な出場選手 [ ] FW• まだ高校生だった選手たちにとってはあまりにも重いですね。
誤審 作 陽 水島 工業

10年後、当時の作陽の主将と水島工のGKが酒を飲む機会があり、当時のメンバーでOB戦を行なうことになった(2012年12月15日)。 部活動においては、サッカー部が全国的な強豪であり多数のJリーガーを輩出しています。

10
駒沢陸上競技場で行われる開幕戦では、東京都B代表・三鷹と、インターハイ王者の福岡県代表・東福岡が激突。 倒れたら(跳ね返ってきた)ボールがそこにあったので飛びついた。
誤審 作 陽 水島 工業

夏の強化で全国を目指します。

19
そしてサッカー関係のお偉い様は決着が付いた後、「あれは入っていた」と誤審を認めたのです。 今大会より、決勝戦の開催日が1月の第2月曜日()となった。
誤審 作 陽 水島 工業

全国選手権前に「出るべきだ」「辞退すべきだ」と意見が分かれ、 多数決を取って6対5で出場を決めたが。 県総体ベスト8の水工は、3回戦からの出場。

13
出場することにした他の選手にしても、思いは複雑だった。 代表 (2年ぶり4回目)• ゴールラインを越えた様子を多くの人が目撃し、作陽の選手たちは「Vゴール」と歓喜に包まれた。
誤審 作 陽 水島 工業

しかし青木隆主審(今もJの副審を務めることがあります)はゴールを認めなかったのです。 これまでに数々の名場面が生まれていた高校サッカー選手権大会ですが、今大会はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか? 代表 (2年連続10回目)• 代表 (2年連続18回目)• 後半19分に水島工が山本のシュートで先制。 本当は自分たちに出場の権利はない。

2
作陽の青山 敏弘はJリーガーになりその後日本代表にもなりました。 負けた作陽側は主管のに抗議するものの判定は覆らず、勝った水島工側もサッカー部内で本大会出場するか辞退するかで割れ、本大会前に水島工3年FWが退部するなど両者に暗い影を落とした。