ミヤマ キンポウゲ。 四季の山野草図鑑/キンポウゲ科

キンポウゲ ミヤマ

はサンインシロカネソウに似るがストロンを欠き、本州(東北~中国)に分布する。 は、花弁の距が360度屈曲するに比べて距が直立あるいは先端がわずかに屈曲するもので、北海道から九州まで広く分布する。

15
オオウマノアシガタは ウマノアシガタに似るが地下茎をもち、青森県と岩手金に分布する。 茎葉は裂片の幅が狭く、柄がない。
キンポウゲ ミヤマ

本属の他の2種とは、花と共に葉が開き、花弁の蜜腺が半月状となる点が異なる。 この属には、などがある。 ただ、自分から何もしないことには何も学べなかったと思う。

8
・相部屋の方の奥様から頂いたお言葉。 クリスマスローズ属(Helleborus)・・・ヨーロッパ中部から南部、さらに西アジア、一部は中央アジアに及び、約15種が分布する常緑性または落葉性の多年草。
キンポウゲ ミヤマ

花は、直径2cmほどの黄色い5弁花で表面には艶がある。

16
黄花の種としてはが東北から中部地方に分布する。 サルゼントカズラ科 Sargentodoxaceae• 痩果の集まった集合果をつくる。
キンポウゲ ミヤマ

ツルシロカネソウは白色の花を上向きに咲かせ、ストロンをつけ、本州(関東~近畿)の太平洋側に分布する。 一方、 ヒメキツネノボタンは キツネノボタンを小型にした感じで、葉身が三全裂する点でヒメウマノアシガタと異なる。

1
高山性のグループとしては、 ホソバトリカブトは磐梯山(絶滅?)、日光山地、関東山地、八ヶ岳連峰、赤石山脈に分布し、花梗に開出毛と腺毛が生える。
キンポウゲ ミヤマ

シロカネソウ屬(Dichocarpum)・・・日本産は9種ですべて固有である。

3
- 2属2種 インド北東部・中国• コボタンヅルは花は白色で多数が円錐花序につき、基準母種の ボタンヅルとは葉が2回3出の複葉となる点で異なり、本州(紀伊半島以北)に分布する。
キンポウゲ ミヤマ

トリカブト属(Aconitum)・・・北半球に300種ほど、日本に28種8亜種6変種あり、そのうち23種8亜種6変種が固有。 [上] 岐阜県高山市丹生川町「乗鞍岳」にて、2007年07月31日撮影。 アズマレイジンソウは花梗に屈毛が生える点でレイジンソウと区別され、本州に分布する。

1
母にバレたら買いに行こう。
キンポウゲ ミヤマ

- 1属2種 東アジア• ムラサキボタンヅルも筒状の花を咲かせるが、クサボタン類とは異なってつる植物で、本州(東北~中部)の日本海側に分布すうる。 サンヨウブシは本州と四国(高知)に分布し、花梗は無毛、 ジョウシュウトリカブトは群馬県(尾瀬、奥日光)に分布し、茎葉の切れ込みがより深く、常習的にムカゴをつけることでサンヨウブシと区別される。 退院の日にようやく座薬注入、毎日なるべく来るようにと吐かした、説明の少ない化石医者。

次は、 ウマノアシガタ キンポウゲ の種まき時期と種まきのポイントをお伝えします! ウマノアシガタ キンポウゲ の種まき時期と種まきのポイントは? ウマノアシガタは、 寒くなってから種まきをしましょう。