実質 的 支配 者。 会社設立。定款認証における『実質的支配者』は法人でもOKですか? | 調布で家族信託のことを相談するなら「司法書士うみの事務所」へ

的 者 実質 支配

フォームを確認してみると、「関係性」の欄は自動的に「25%超議決権・配当・分配等あり」となっていますね。 フォームには、「実質的支配者の人数と関係性」という欄があり、ここが実質的支配者を申告する箇所です。

同様に、特定法人が何なのか意味不明です。
的 者 実質 支配

定款案をチェックしてもらう段階で、 申告書も送って欲しいと言われたりします。 その場合、どのように考えればいいのでしょうか。 犯罪収益移転防止法は簡単に言うと資金洗浄(マネーロンダリング)や資金そのものが犯罪組織(テロ組織)に流出しないように様々な対策を講じた法律とだけ今は把握しておいてください。

これから法人口座を開設するとき、ネット銀行からの申請だと非常に困る言葉として「実質的支配者」「特定法人」があります。 合計するとAさんは35%の議決権を持つことになります。
的 者 実質 支配

しかし、これについては、後で、本当にこれでよかったのか?(本当は甲株式会社の株主も調べる必要があったのではないか)、疑問なしとしない感じは残ったが・・・(定款認証においては確認するのはここまででかまわないということか) (からは、もし仮に、甲株式会社の株主に50%を超える自然人がいたら、その人が実質的支配者になるように思われる)。

14
なんと、このように間接分と直接分は合計できるので、CさんはA社の株式の60%を保有することになり、従って、A社の実質的支配者となるのです。
的 者 実質 支配

また、事業支配をしていないことが明らかな場合も対象外となります。 そのため、事業経営の実質的支配者とは、大株主となります。 これが直接的な議決権をもつ状態です。

4
次の図のようなケースです。 これまでの説明で、CさんはB社がA社に対して持っている30%の株式を間接的に保有していることはお分かりでしょうか。
的 者 実質 支配

合名会社、合資会社、合同会社の場合、2つの角度から認定されます。 中小企業をはじめとする小規模な会社であれば、ほとんどの場合、このどちらか2つの条件で実質的支配者はだれなのかが判明するはずです。

11
発起人はあくまで設立に賛同しただけの人物であって、経営責任も負わない立場であるため、当然といえば当然ですよね。
的 者 実質 支配

会社の取締役は会社を清算しようと思ってもできない一方、株主はその持ち分比率が一定以上高い場合、会社を清算することができます。

ただ、このときネット銀行にて法人口座開設用のフォームに入力していると、ほぼ全員で手が止まってしまう箇所があります。
的 者 実質 支配

さて、 株式会社、 一般社団法人、を設立する際、 公証人役場で定款認証するときに、 公証人に対して、その法人の 「実質的支配者」の住居、氏名、生年月日等と、その者が員や国際テロリストに該当するか否かの申告が必要となっています。 この状態を俯瞰すると、Aさんは個人で20%議決権を直接保有し、Y社を通して15%間接保有していることになります。

2
そのため実質的支配者としては、自分の名前を記載すれば問題ありません。 このように実質的支配者について聞かれているわけですが、何を答えればいいのか分かりません。