ポール ウォルター ハウザー。 イーストウッドが熱烈オファーしたリチャード・ジュエル俳優「オープンで率直な」関係性語る

ハウザー ポール ウォルター

冷静に俯瞰して見れば論理的に正しい選択ができるのだが、リチャードの場合自分の世界に引きこもり視野を狭めてしまいがちなので、いざ分岐に立たされ短い時間で決断しなければいけない時に間違った選択をするのです。 あるいは記者オリヴィアとFBI捜査官ジョンの結託と決裂はどうか。 そこに数字取りが全てのマスメディアが便乗し、英雄になるはずだった一般人を、ささやかな人生の表彰台から引きずり下ろしたのだ。

18
えらいことになったなぁ。
ハウザー ポール ウォルター

Hollywood Reporter 2019年6月20日. 何のために長年一緒にやってきたスターンを切ったのか分からないほど、新任カメラマン・ベランジェの個性を全否定して「スターンのように撮れ」と不可解な指令を出す男、クリント・イーストウッド。

19
もちろんポール・ウォルター・ハウザー演じるリチャード・ジュエル自身も過剰に正義を重んじるがゆえに歪んで見える言動や、その言動があったからこそ救われた命があるという、非常に多層的な構造になっている。 事件は一応終結したが、ロンたち捜査班は署長から慰労とともにさらなる捜査の中止と関連書類の破棄を命ぜられ、憤るも渋々従わざるを得なかった。
ハウザー ポール ウォルター

2019年12月15日閲覧。 あの瞬間、彼がアトランタの公園で何百人もの人命を救ったときは、彼にとって栄光の瞬間として始まる。 - (英語). 報道が過熱するなか任意同行を求めたFBIは、権利の告知義務である<ミランダ警告(米法執行機関が被疑者の取り調べ前に、黙秘権があることや供述が不利な証拠になりうることなどを告知する義務)>を伝えず「記録映像を撮影する」と称して、あろうことか自白書にサインを強要する。

『15時17分、パリ行き』で登場したオーラがヤバすぎる主人公 本人 同様、社会から外れてしまった男の内面をしっかり捉えていたのです。
ハウザー ポール ウォルター

またファイターでもあり、映画を象徴する存在だ。 「合衆国」と「合衆国に雇われた3人のクソ野郎」の違い。

この映画は、で爆弾を発見して多くの人々を救った英雄でありながら容疑者にされてしまった実在の警備員を描いた作品で、ハウザーはジュエルを演じる。 映画の中盤で彼が叫んでいた「I am me! 晴れて情報部に正式配属されたロンは(KKK)の新聞広告に電話をかけ、白人のレイシストを装ってKKK支部の幹部と面会する約束を取り付けた。
ハウザー ポール ウォルター

興行収入 [ ] 本作は『』及び『』と同じ週に封切られ 、公開初週末に1100万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが、実際の数字はそれを大きく下回るものとなった。 」と訊かれると、「ゴミ箱を見て気づきました。

10
リー監督はデビッド・デュークとにこそ本作を鑑賞してほしいという主旨の発言をしている。
ハウザー ポール ウォルター

そういう意味では圧倒されたよ」と、撮影現場のイーストウッドと、映画人なら誰もが敬愛する偉大なる存在であるイーストウッド、ふたつの顔を間近に体験することになった。

18
そういうのもイーストウッドらしいテーマかなっていう感じがしたんですけども。
ハウザー ポール ウォルター

すると、子どもたちに混じって真剣にガンシューティングゲームに打ち込むリチャードの姿がいた。 そうでなければ、映画が単なる社会考察と性格批評のサンプルに堕していく危険がある。

もうその服装とか行動から犯人だと決め付けるっていうのをFBIはやっているっていうことの恐ろしさなんですよ。 ブンブンは部屋に、ラース・フォン・トリアーのDVDや『裸のランチ』といった小説を飾ってあり、ミッフィーやカピバラさんのぬいぐるみと一緒に寝るような男。
ハウザー ポール ウォルター

で、それが『羊たちの沈黙』で有名になったんで。 その時代、その場所からにじみでる独特の雰囲気を自分の中から出したい。

ジュエルは各所から後に和解金を得ていますが、キャシーがいたコックスエンタープライズを訴えたものの認められなかったんですよね。