Ipcc 第 5 次 評価 報告 書。 IPCC 第5次評価報告書 特設ページ

評価 5 次 報告 第 書 ipcc

将来の世界的および地域的な気候変動 温室効果ガスの継続的な排出は、気候システムのすべての要素のさらなる温暖化と変化を引き起こす。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

第1次報告書(1990年)First Assessment Report 1990(FAR)• 現実問題として、4月のWG3の会合は、世界保健機関 WHO がCOVID-19の流行を「パンデミック」と宣言した3月11日直後の開催でもあり、とっさの対応として同じ日程でオンライン会合を開催するほかに手立てがなかったという事情はあったと思います。

8
しかし、次のサイクルへの移行を早めることは難しくなった気がしており、影響が今後も拡大するようであれば、GSのような国際交渉にも影響が出てくるかもしれません。 WG1 政策決定者向け要約 [ ] 第一作業部会による結論の簡単なまとめは「政策決定者向け要約」 SPM として2013年9月27日に発表された。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

いろいろな意見がありますが、IPCCもやはりGSと時期を合わせたサイクルにしていくことが大切だろう、という意見に対応して、まずはAR6から次のサイクルへの移行を早める提案がなされていました。 Singapore• 我々は行動せねばならない。 GSは、開催時点での最新の科学的知見に基づいて対策の検討がなされることになっています。

3
Middle East• 第3作業部会の技術支援ユニットは、ドイツ政府の資金提供により、ポツダム気候影響研究所(PIK)に設置されています。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

「産業革命前に比べて2度未満の上昇に抑える」ことが決まったのも、IPCCの報告書に基づいた結果でした。 Nicaragua• 今世紀末までの世界平均地上気温の変化予測は0. Bermuda• 後者の地域では、1975-2005(中程度の信頼度)期間にわたって、永久凍土の厚さおよび面積の相当な減少が観察されている。

12
IPCCは数年に一度、温暖化研究の最新成果をまとめた報告書を発行していますが、この報告書は、気候変動への対応を検討するうえで最も信頼のおける基礎資料として、国際的な政策や交渉に影響を与えています。 Chile• 科学的な分析のほか、社会経済への影響、気候変動を抑える対策なども盛り込まれます。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

その予測を受けて温暖化対策を決めていくのは政治の仕事です。 それでも、AR6サイクルに入ってから公表された3つの特別報告書(1. Japan• Finland• というのも、総会前にSPMの2回目の政府査読を行う必要があるからです。

4
大気と海洋システムの温暖化には疑う余地が無い。 こう語るのは、IPCC 第1作業部会のトーマス・シュトッカー共同議長です。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

でもそれは決して不可能なことではないし、変化のなかでレガシーとしてその後の社会でも継承されていくものが生まれうる、ということが今回の事態で証明された気がしています。

20
気候システムの純エネルギー増加の60%以上は、0から700まで比較的よくサンプリングされた40年の期間に上部海洋(1971-2010 m)に保存され、30%は海洋に保存されます700 m。 気候モデルの評価 気候モデルはAR4以来改善しています。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

「」 平成21年10月30日 報道発表)• 「これまでで最も包括的な気候変動の評価に対し、時間と専門的知識を自発的に提供していただいた、全世界数百人の学術専門家の方々に感謝いたします」。 これらの専門家達により、各作業部会の報告書は2013年から2014年にかけて発表された。

9
IPCC は政策決定者に対し、気候変動について学術関係者が理解している内容を取りまとめて報告します。 利用に当たっては、環境省資料であることを明示の上、改編することなくページ毎にご利用ください。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

Portugal• Panama• 将来予測• 意欲的な緩和措置を講じた場合、この成長率は約0. グリーンランドの氷床からの氷の平均損失率は、1992-2001の間にかなり上昇する可能性が非常に高い。 各作業部会の報告書は2013年から2014年にかけて発表された。 ジオエンジニアリングと呼ばれる、気候変動に対抗するために気候システムを意図的に変えることを目指す方法が提案されている。

1
さらにその後には、3つの作業部会による評価報告書を俯瞰・統合した統合報告書 Synthesis Report, SYR の公表が予定されています。 この政策立案者向けの要約では、利用可能な証拠を説明するために次の要約用語が使用されています。
評価 5 次 報告 第 書 ipcc

また、これまでの主な特別報告は以下のものがあります• 気候変動の影響評価を担当する第2作業部会 WG2 や、緩和抑制策を評価する第3作業部会 WG3 は、半年ほど遅れて同様のプロセスを経たうえで公表されます。 その他、メンバーの要請に応じた具体的なトピックに関する特別報告や、メンバーによる温室効果ガス・インベントリ(排出量から除去量を差し引いたもの)の報告を支援する方法論報告とソフトウエアも発表しています。

12
IPCCの報告書は国連の気候変動に関する国際会議で大きな影響を持ち、今までのCOPと呼ばれる気候変動枠組条約締約国会合のほとんどすべての合意の中で、IPCCなどによる最新の科学の知見を取り入れることが言及されています。 これはCO2の過去、現在、そして将来の排出量によって生み出された多大な世紀の気候変動へのコミットメントを表しています。