サラトガ の 戦い。 サラトガ本線 : 作品情報

戦い サラトガ の

さらにその後のイギリスによる・と続いた締めつけに反発して、9月に植民地側はで第1回を招集、イギリス製品ボイコットを決定して植民地の同盟(アソシエイション)を結成、両者の緊張が高まった。

14
このことはカールトンにとっては逆風であり、カールトンが遠征の指揮官職を得られなかったことと組み合わされて、1777年の後の時期にその辞任に繋がり、さらにはクラウン・ポイント砦とを占領した後でケベック駐在軍のその守備隊への援軍を拒むことにも繋がった。 大陸軍の戦略 [ ] ジョージ・ワシントンの大陸軍はのモリスタウンに宿営しており、その上層部はイギリス軍が1777年にどのような作戦を立ててくるかうまく掴めていなかった。
戦い サラトガ の

モルガンは、フレーザーの右側に軽歩兵を攻撃している間、悪い左の擲弾兵を粉々になりました。 その補強に向かわせた部隊はのから疲れきって戻り、1,000人近い兵士と共に大変必要とする補給物資が失われた。

クリントンは9月12日にバーゴインに宛てて伝言を送り、「貴方が2,000名の兵士で効果的に支援できると考える」ならば、「約10日の内にモンゴメリー砦に圧力を掛ける」つもりだと伝えていた。
戦い サラトガ の

105)。 正規軍は十分な装備で出発したが、そのうちの特にドイツのは荒地での戦闘への準備が不足していた。

2
3月4日、サラトガは3隻の駆逐艦に護衛されてを出発し、、オーストラリアの、、を経由して太平洋からインド洋に転戦した。 その後、本国に帰還した。
戦い サラトガ の

オリスカニーの戦いの間に、包囲されていたアメリカ軍がスタンウィックス砦から出撃し、近くのがら空きだったインディアン宿営地を襲撃した。 リンカーンはベミス高地にに到着したが、最後の部隊が戻ったのは29日のことだった。 ではジャーメイン卿がラ・コルヌの肩を持った。

15
バーゴインはベミス高地に陣取ってへの道を塞いでいる大陸軍の左翼を衝こうと考えた。 もう一つの支援隊をバーゴインは期待していたが、これも実現されなかった(明らかにこの年の作戦目標に関する意思伝達の失敗のため)。
戦い サラトガ の

269• バーゴインはリードセルに命じて軽装衛兵を付けてフリーマン農場に縦隊前進させた。

20
アーノルドがゲイツの憎んでいるスカイラーの友人を参謀に選んだとき、2人の間の関係がこじれた。
戦い サラトガ の

アーノルドはそれでは明らかに不十分であり、大部隊を送るべきと言った。 ゲイツのやり方は冷酷で傲岸であり、その最初の作戦会議からスカイラーをあからさまに排除した。 サラトガの戦いとは、2つの小戦闘の総称である。

激しい雨と、大陸軍の探りを入れる攻撃のために歩みを鈍くされた。
戦い サラトガ の

この数字は方面作戦全体に関わった大陸軍戦闘員の総推計値である。

また浸水した海水は煙路を伝って反対側の第9ボイラー室にも浸水を生じた。