5 等 分 の 花嫁 ラスト。 五等分の花嫁 122最終話感想 そしてフィナーレへ|夜光管理人|note

分 の 等 花嫁 ラスト 5

そして夢の向こう側へ. 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 誠心誠意振り返っていきましょう。

1
だから高校の卒業式はそんなに大事なイベントではない。
分 の 等 花嫁 ラスト 5

このままでは気になりすぎて日常生活に支障をきたしそうです! 本作はこのまま五年後に行ってストーリーを進めるのではなく、 時系列が一旦現代の林間学校終了時に戻ります。 次回、いつまでも意地になっている男子たちと女子たちを仲直りさせるため、三玖は男女の代表を屋上に呼び出します。 三玖に風太郎は、自分を信じる事の大切さを伝え、それで得た結果は三玖自身のもの、と応えます。

11
結婚相手が明かされないまま長々と連載を続けていたら飽きられてしまう可能性もあります。 からの~? お前の強さは、その人一倍の弱さの裏返しだ。
分 の 等 花嫁 ラスト 5

四葉は自分が風太郎のことが好きであることを伝えられないまま、『五等分の花嫁』は終わってしまうのか、ということです。 いや本当は尊敬していた。 なんと4人は風太郎と四葉の新婚旅行についていこうとしているようです! しかし四葉はそれもいいなと言う感じで嬉しそうです! 姉妹たちは高校生の時みたいと盛り上がります。

14
四葉は何を伝えたのでしょうか。 無料登録で600円分のポイントゲット!• 三玖への愛 郎への想いを原動力にして成長を遂げてきた三女の三玖。
分 の 等 花嫁 ラスト 5

初めは暗くて覇気のない顔をしてたが、近頃は見るたびに生き生きしていて安心してる。 一度は自分本位となり闇の道に進みはしましたが、その罪は十分償ったのではないでしょうか? 今まで自分を殺してきた四葉が最終的に救われる、『五等分の花嫁』の結末としてこれ以上のものは考えられません。 良くも悪くも生徒と教師といった感じ。

9
ま、根気だけはあるみたいだな。
分 の 等 花嫁 ラスト 5

驚く一花に対して、風太郎は一花への今までの想いを伝えます。

3
もう三玖ちゃんの修学旅行は「完」であると。 話の流れ的には最初に上杉に声をかけたなどに流れもあるので原点回帰的な感じでありえなくはないとは思います。
分 の 等 花嫁 ラスト 5

その彼女の予想は大きく裏切られる事になりますが、仮に三玖の予想通り風太郎が正体を見抜けなかった場合、自信喪失した風太郎が再び家庭教師を辞めてしまう可能性も充分あった。

昔からの思い人と結ばれる素晴らしいですが、話の流れを見ているとそこを乗り越えて運命の人を見つけるような感じの話なので花嫁は零奈以外の誰かなんじゃないかなと思います。 これはあくまでも予想ですが、五月は現時点では風太郎のことが好きではありません。
分 の 等 花嫁 ラスト 5

「心」を「受」と書いて「愛」です。

10
5年前の春の旅行、その時丘の上の鐘の下でキスした相手。